無料で保険相談!口コミ評判で選ぶ保険ショップまとめ » 保険相談で商品券ってもらえるの?

保険相談で商品券ってもらえるの?

保険相談で商品券はもうもらえないんです!

「保険」とは、将来もしかしたら起きてしまうかもしれない困った時のために備えるための契約商品です。それも、毎月一定額を長期間払い続けるため、非常に高額な買い物となります。

自分や家族の将来のためのものですから慎重に選びたいものです。ですが、その「もしも」が起きないことだってもちろんあります。だからこそ出来ればより「お得感」のある保険会社を選びたい、というのが多くの人の正直な気持ちではないかと思います。

5年間何事もなければ10万円キャッシュバック、なんていう特長を持った保険商品も魅力的ですが、できればもっとずっと早く、加入前の相談や、見直しの段階で何か貰えるのなら、やっぱり嬉しいものです。

契約に至らなくても貰えるのなら、なおさらお得な感じがしますよね。

かつては、主にファイナンシャルプランナーの出張訪問型の保険相談サービスに面談してもらうと、高額の商品券やTポイントや楽天ポイントといった共通ポイントが貰えることが主流となっており、実際に利用した人たちの口コミなども広まっていました。

特定の保険会社に所属したFPではないため、様々な保険を比較できるという特長がある上に、1~2時間程度会って話すだけで商品券などが貰えるということですから、お小遣いも浮きますしお得感でいっぱいです。

ですが、このところそういった話を聞かなくなったことにお気づきでしょうか。逆に「商品券が貰えなかった」という話が増えてきています。

実は2016年5月29日改正保険業法が施行されこういったプレゼントに規制がかかるようになりました。

施行されたばかりの頃は、業界大手の会社などがプレゼントする商品券やポイントの金額を抑えたり、一部を無くすといった自主規制を行っていました。

やがて保険相談サービス会社に対しても指導が入るようになり規制の対象となったため、2017年4月7日からは換金性の高い商品券や共通ポイントのプレゼントキャンペーンが原則禁止となったのです。

現在の傾向では、牛肉や米、高級タオルや家電製品など、換金性の低い商品へをプレゼントするといった流れになってきているようです。規制が行われたせいで消費者が損をしているじゃないか、商品券を換金したり、ポイントで欲しいものを買えた方がずっと良いのに、と思われる人も少なからずいるかもしれません。

ですが、そもそもプレゼントはあくまでおまけであり、それを貰うことが目的になってはいけません。

渡すことや、貰えることが当たり前であったこれまでの流れや、高額な商品券やポイントキャッシュバックを目当てに保険相談や見直しに訪れる、ということがそもそも誤りなのです。

相談に行って内容をしっかり理解し、納得した上で契約に進んで将来に備えることができないのであれば保険の意味がありませんし、それこそもしもの時、消費者にとって大きな損となってしまう可能性があります。

また、今回の規制は事業者にとっても、襟元を正す良い機会です。これまでは、高額商品券やポイント目当てにやって来る人が多かったかもしれませんし、商品券やポイントの額を上げて行けば人を集めることが容易だったかもしれません。

極端な話、プレゼントが貰えれば良いと考えて、保険商品の説明などがきちんと行われていなくても良いという相談者もいたかもしれません。しかしこれからは、どれだけ高額の商品券やポイントが貰えるか、ということよりも、自分に合った保険商品か、そういう説明をしてもらえるかどうかで選ばれることになっていくでしょう。

どうしても貰える貰えないといった目の前の損得で考えてしまいがちですが、今回の規制が保険業界にとっても、そして消費者一人一人にとっても大きな利益であること、良い将来に進んで行くためのものであること、ということを理解しておきましょう。

保険相談したのに何ももらえないケース

高級黒毛和牛というちょっと贅沢なものや、日々の食事に欠かせないお米などなど、保険相談で貰える豪華プレゼントに魅力を感じることも多いでしょうが、実は相談をしても何も貰えないということもあるのです。

そもそも、相談を申し込んだとしても必ず面談できるとは限らないことをご存知でしょうか。仲介するリーズ会社から面談希望者の情報をファイナンシャルプランナー等が選別した上で買い、保険相談を行っています。

そのため情報を買ってもらえなかった場合はそもそも保険相談まで進むことができないので、当然プレゼントは貰えません。

保険相談の面談ができることになったとしても、商品説明の時間をしっかり取らない、説明が始まっても話を聞いていない、それでいてプレゼントの確認や催促だけはしっかりする、などという場合も貰えない可能性があります。

相談をして保険の見直しをすることで、なんとなく払い続けていた保険料を格段に下がり、一方サービスは跳ね上がった、なんていう場合もあります。

豪華なプレゼント目当てではなくて、もしかすると相談したら保険料がお得になるかもしれないし、ちょっとだけ話を聞いてもらおうかな、という気持ちで臨むと良いかもしれません。

そもそも商品券がもらえるのって怪しい?

よくよく探してみると保険相談のプレゼントとしてポイント等を提供しているサイトが見つかるかもしれません。

しかし、2017年4月7日以降、換金性の高いインセンティブは禁止ということが業界全体で決まりました。

業界で決められたことを守っていない事業者ですから、提示しているポイントや商品券も書かれた通りに提供してくれるとは限りません。

プレゼント目的での申し込みは止めておいた方が良いでしょう。

商品券がもらえていたのはなんで?

そもそも、なぜ今まで保険相談で商品券やポイントがもらえていたのでしょうか。

たとえば弁護士に何かを相談をする場合、相談する側が相談料を支払うことが頭に浮かぶと思います。

カウンセリングなども話を聞いてもらう側が払うのが当たり前です。

けれども保険相談は、相談する側が払うのではなく貰う側です。

考えられ得る理由のひとつは、まず集客の強化が挙げられます。

無料で話を聞いてもらえるうえに、さらに商品券が貰える、と聞けば怪しむ人もいつつも、「貰えるならば行ってみよう」と考える人もいるでしょう。

実際、商品券目当てで保険相談窓口に行くという人も少なからずいたようです。

また、まだまだ日本では保険相談が当たり前ではない、ということも挙げられます。

会社に勤めている人でしたら、毎年健康診断を受けるでしょう。

地域で開催されている検診に定期的に通う人もいるでしょう。

しかしそれと同じように、ファイナンシャルプランナーに家計のことや保険のことを相談をしている、という人はあまりいないと思われます。

できるだけ多くの人に興味を持ってもらい、相談して当たり前となっていくような雰囲気づくりをしたい、ということも考えられていたと思われます。

保険商品とはご存知の通り、長い間支払い続ける高額な商品です。

保険商品や組み合わせによっては、トータルで数百万円の支払いになることもありますので、一件契約を取ることが出来ればかなりの利益が出せます。

いち消費者にとっては高額商品券でも、事業者からしたら微々たる出費です。

そのため、無料相談を受けて、加入しなくても高額商品券をお渡し、ということをしても、事業者にとってはそれほどの痛手ではなかったので、各社がこぞって行っていたわけです。

他に、相談者からの貴重な意見を聞かせて貰ったお礼、という意味合いも含まれていたようです。

相談者にアンケートを実施すると、ファイナンシャルプランナーに対するクレームが出てくることも多いとのこと。

ファイナンシャルプランナーとの提携を見直しクレームの多い対応者との契約を打ち切る等して、より相談しやすい環境にしていこうと動いている窓口も多くあります。

換金性の高い商品券やポイントのプレゼントは2017年4月7日以降、原則禁止となってしまいましたが、黒毛和牛や米などに形を替えて提供されていることが多いようです。

集客や顧客満足度の向上のために各社は工夫を凝らしています。

ですが商品券から物品になったとしても、一番大切なのはやはり、保険の相談であるということをお忘れなく。

現在商品券の代わりにもらえるキャンペーン※2018年1月現在

一番大切なのは保険の相談や見直しをきちんと行うこと、とわかっていても、どんなプレゼントが貰えるんだろう?「より良い物が貰える窓口に相談したい!」というのが正直なところかと思います。

そこで顧客満足度が高く、さらにお得感のあるプレゼントキャンペーンを展開中の保険相談会社をいくつかご紹介いたしましょう。

保険のビュッフェ

全国対応しており、自宅や近所まで訪問してくれます。

東京に店舗も構えており、在籍しているファイナンシャルプランナーは経験豊富で人数も多く、保険と家計の見直しについてもわかりやすく丁寧に対応してくれると評判です。

ご家族が増えた、起業・独立した、ご家族が病気になった場合の対応などにも幅広く相談に乗って貰えます。

また、無料保険相談でもらえるプレゼントは「総額一億円キャンペーン」と銘打って、お米や黒毛和牛、果物、日用品、雑貨、お菓子、魚介、家電などバラエティ豊かな商品が揃っており、好きな物をひとつ選べます。

保険マンモス

2015年に行われた日経BPコンサルタントによる「保険相談サービスの利用に関する調査」にて、16項目中11項目において第1位を獲得したという実力派です。

FPのチカラを通して担当者(性別)を指名できるシステムもあり、評判の悪いFPに警告を与えるという制度もあります。

もちろん、全国対応で、自宅や指定場所への訪問もしてくれます。

保険の知識がなくても、わかりやすく丁寧に教えてもらえますし、禁煙で保険料を安くするといった、日常のちょっとした習慣からできるアドバイスをもらえたという口コミもあります。

面談及びアンケートに答えると、A5クラス厳選黒毛和牛を、なんと家族の人数分貰えます。

保険見直しラボ

全国対応はもちろん、他社で断られた場合でも相談ができます。

取扱保険会社は28社とかなり多く、在籍しているファイナンシャルプランナーは全員、その保険会社を全て扱うことができます。

また、新卒・未経験者は採用せず経験豊富な人材だけが揃っていることも特長です。

老後のことはもちろん、女性特有の疾患や各保険商品のメリット・デメリットなどもしっかり押さえた説明をしてくれたという口コミもあり、利用者満足度も93%と非常に高い数値です。

プレゼントも種類が多く、超希少米 新之助、雪室熟成豚のロース、高級マカロンセット、醤油セット、ボディクリーム、アルガンオイルなどから好きな物をひとつ選びます。

キャンペーンをもらう時の注意点

まず、明らかにプレゼント目当てという場合は提供しない、という姿勢を取っていることが多いです。保険相談は当然ですが、保険加入や見直しを検討しているための相談の時間です。そのつもりが全く無いという人は、申し込むことは止めましょう。

ただし、話を真剣に聞いて慎重に検討した上で、やはり今回は見送る、ということはOKです。その場で無理に加入する必要はありません。

また、プレゼントキャンペーンを行っているからこそ良い保険商品を扱っている、とは限りません。

どうしても「何か貰える」「お得感がある」という会社がクローズアップされがちで口コミも広まりやすい傾向にありますが、キャンペーンを行っていない保険相談サービスもまだまだ多いです。

保険商品とは長期に渡る上に高額な商品です。

目先のプレゼントに気を取られず、現在の自分の経済状態や、今後どうしていきたいか、不安なことは何かなどを考えながら選ぶようにしましょう。

無料で相談が出来て何か貰えるのならそっちの方がお得だし、だったらすぐに保険相談サービスを申し込んでみよう、と思われるかもしれません。ですが、謝礼が貰えるどころか、そもそも保険相談の面談予約すら出来ない場合があります。

実は、面談依頼はそのまま先着順で受け付けされて面談の連絡が入る、というようなシステムではないのです。

まず相談希望者が入力した情報をファイナンシャルプランナーが選びます。そして、この人となら面談しても良いと判断された人の情報を、FPがリーズ会社から買い取る、という形で決められています。

FPに選ばれて情報を買い取って貰えないと、いくら待っても面談の打ち合わせの連絡すら入らないのです。

FPの人達は皆ボランティアではありませんし、対応できる時間も限られていますから、誰とでも必ず会う、というわけにはいかないのです。では、選んでもらえないのはどのような人なのでしょうか。

これについては、通常の保険契約の場合とほぼ同じと考えて良いでしょう。たとえば、基本的に病歴や手術歴、通院歴について報告しなければいけないのですが、その内容によっては契約を結べない場合があります。

他にも、無職で収入が無く、年金や資産、配偶者の収入といったものも無い場合は、加入に制限が掛かる場合があります。

他にも様々な例がありますが、これらに該当する場合は「見込みがない」と判断され、情報を買ってもらえない可能性が高くなると考えられます。

かといって、謝礼が欲しくて面談したいがために嘘を吐くのはいけません。なお、虚偽の情報を伝えた場合、謝礼を貰うことはできません。

さらに、中小規模のリーズ会社ですと提携しているFPが少ない場合が多く、選別が一層厳しくなると想定されます。そのため、選ばれる確率がもっと低くなる可能性があるでしょう。

対策としてはまず、ある程度規模の大きい会社に申し込むことが挙げられます。一社ではなく複数社に面談を申し込むことも有効でしょう。

できるだけ多くのFPに情報を見てもらうことが出来れば、その分選ばれる確率が上がります。また、運良く複数のFPと面談できた場合、FPの対応や保険商品の比較が出来るというメリットもあります。

保険相談から受け取りの流れ

保険相談からキャンペーンのプレゼントを受け取るまでの流れは、基本的に以下の通りです。

  1. 保険相談サービスに申し込みます
  2. 紹介されたFPと相談するための日時と場所を打ち合わせします
  3. FPと面談し、相談に乗ってもらいます
  4. 相談後、アンケートに回答します
  5. 後日、プレゼントが送られてきます

プレゼントはおおむね面談完了後から1~2ヶ月後ぐらいに自宅へ郵送されます。

ただし、保険相談を受けた人が全員プレゼントが貰えるというわけではありません。

キャンペーンが適用されない場合もあります。

たとえば明らかにプレゼント目的で申し込んだ場合はもちろん、玄関先で少し話す程度などで十分な面談が行われなかったとき、アンケートに回答しなかったり、必要な情報を提供しない、あるいは虚偽の情報を提供したなどの場合は対象外です。

他にも、現在病気や怪我で治療中であったり、入院中、手術や入院の予定がある場合、過去に保険相談サービスを利用したことがある場合、保険代理店を通じて既に申し込みをしていた場合、専業主婦を除いた無職または休職中の場合、保険に加入できないような業務に携わっている場合などはキャンペーンの対象外とされたり、そもそも保険相談の面談予約ができない可能性があります。

また利用した相談サービスによっては、アンケート回答後にさらに2、3回の面談をしなければキャンペーンの適用対象にならない場合もあります。

こういったキャンペーンを提供している保険相談サービスはほとんどが出張訪問型です。

面談調整の段階でなかなか連絡が取れない状態が続くとキャンペーン適用外とされる場合もあるため、確実に連絡が取れるようにしておく必要があります。

キャンペーンでプレゼントを貰えることは確かに魅力的ですが、本来の目的は「保険相談」です。

何を貰おうかな、ということよりもまず、自身のライフプランや家族のことを安心して相談できるところを選び、現在加入している保険や不安なことは何があるかを書き出しておくなど、相談の準備を進めてより良い面談時間になるようにしましょう。

無料で保険相談!口コミと評判で選んだおすすめの保険窓口一覧

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング