おもな保険の選び方まとめ

少子高齢化で国の年金制度が不確かなものになりつつある今、老後を安心して過ごせるように国だけに頼るのではなく、一人ひとりが自分を守る対策を講じる必要のある時代になってきました。

その対策の一つが、保険です。ここでは、個人年金保険をはじめとした、おもな保険の選び方を紹介します。

老後生活に必要な費用

厚生労働省の調査では、日本人の平均寿命は男性80.98歳、女性87.14歳(2016年)で過去最高を更新、一般的な定年年齢60歳からみて20年以上の老後生活になることがうかがえます。

定年後夫婦二人の最低限生活費は月額約22万円、ゆとりある生活を求めるなら38万円といわれています。

一方、夫婦二人が受給する公的年金額は221,227円(2017年サラリーマンモデル世帯)で、現在の物価水準でかろうじて最低限の生活ができる程度です。今後年金の手取り額が下がったり高齢者医療制度の見直し、また受給開始時期が引き上げられることを考えれば、何らかの自助努力は必須となってくるでしょう。個人年金保険はその対策の一つとして、関心が高まっています。

ここでは、個人年金保険の中でも人気の「確定年金」の特徴をご紹介します。

個人年金保険(確定型)のメリット

節税になる

「個人年金保険料税制適格特約」付きで一定条件を満たしていれば、所得税・住民税で税金の控除が受けられます。課税所得による税率にもよりますが、年8万円以上個人年金保険料を支払った場合、年数千円から1万円以上の節税効果があります。

控除が受けられる場合には保険そのものの運用利回りは低くても、節税効果を加えればそれなりのリターンが得られます。

将来の設計がしやすい

確定型は将来の受取金額・期間が決まっているので、将来受給予定の年金額との計算ができ、老後生活の設計がしやすくなります。老後資金の不足分をどの程度補えばよいかを計算して、保険に加入することができます。

(※変額年金では運用成果により受取金額が変わり、外貨建てでは為替リスクがともないます)

個人年金保険(確定型)のデメリット

インフレに対応していない

確定型は将来受け取る金額が確定しているので、インフレで貨幣価値が下がった場合には実質的に目減りするというリスクがあります。

運用商品としては、リターンは小さい

個人年金保険を運用商品と考えた場合、利率は契約時に確定しているうえ最近はあまり高くないので大きなリターンは望めません。リターンだけで考えるなら多少リスクのある投資信託などで運用する方が高い利回りになる可能性があります。

運用商品というよりは、一般的な銀行預金よりは利率の良い積立て商品と考えるべきでしょう。

中途解約すると損になる

個人年金保険は解約すると解約返戻金が戻りますが、ある程度長期の加入期間を過ぎないと元本割れになります。

保険会社破綻のリスクがある

保険会社が破綻した場合でも『生命保険契約者保護機構』により一定の保護はありますが、受け取る年金額が減額される可能性があります。

どのような人に向いているか

このように、個人年金保険にはメリットもあればデメリットもあり、運用面ではそれほどのお得感はありませんが、以下のように利用する方には価値があると考えられます

公的年金受給までのつなぎとして使いたい方

公的年金の支給開始が65歳に引上げられることから、60歳で定年した後の5年間無収入期間が生じます。再雇用で働くとしても、多くは収入が半減します。60歳までの給料収入との落差に対応するためにも、つなぎとしての個人年金が助けになります。

毎月しっかり貯金したい方

長期間加入しなければ元本割れするものなので、よほどのことがない限り解約しようとは思わない状態で、確実に毎月積立てることができます。手元にお金があるとつい使ってしまう方には、向いているといえるでしょう。

リスクを避けたい方

株や投資信託など元本割れのリスクを避けたい方には、向いています。

解約せずに予定通り年金を受け取れば、低利率とはいえ一般的な銀行預金よりは良い利回りで確実に支払った保険料以上の総受取額になります。

定年後に余裕をもって楽しみたい方

定年退職後、まだ元気なうちに旅行やゴルフなど趣味を楽しみたい方にも個人年金は上手に活用できる商品です。老後の生活費としての公的年金のほかに個人年金が受給できれば、それを趣味の費用に充てることができます。

60歳から10年確定年金を受給して毎年旅行する・・・など、老後の計画が立てられます。

個人年金保険の加入率

(公財)生命保険文化センター『生活保障に関する調査』(H25年度)によると、30歳未満の加入率は8.4%、30代:17.6%、40代:24.3%、50代:28.4%、60代:19.6%と、老後生活を実際に考えるようになる50代の加入が最も多くなっています。

20代は極端に低く、30歳を過ぎて所帯を持つようになり生命保険や生活設計に関心が高まるのでしょう。

まとめ

老後の不安に関しては、80%を超える方が「公的年金だけでは不十分」と回答しています。また、シングルで老後を過ごす場合には、公的年金は一人分となり、夫婦二人世帯に比べさらに不足が生じます。

個人年金保険の必要性は一人ひとりの状況によって違いますが、老後の経済的不安がある場合は特に、早めに何らかの準備をするべきです。時間は貯蓄の大きな味方です。

できるだけ早いうちから長期に計画的に将来に備えることは、漠然とした不安への対策になるのです。

自分にあった保険商品の選び方ガイド

このコンテンツでは、さまざまな保険商品の種類や選び方のポイントを紹介しています。また、保険を見直す際にチェックしたいポイントや注意点、専門家(ファイナンシャルプランナー)へ相談すべきポイントなどもまとめました。ライフスタイルの多様化にともない、保険も多様な種類が登場しています。例えば「生命保険」に限っても、一般的な定期保険や終身保険だけでなく、貯蓄もできる養老保険や個人年金保険、投資も兼ねた変額保険など、多くの種類があります。

保険会社からすれば、さまざまなタイプの方にあわせるため種類を増やしたのでしょうが、一方で消費者からみると多すぎてどれを選べばよいのか悩んでしまうという現実を生み出してしまいました。自分にあった最適な保険を選び、さらに結婚や出産、転職など、ライフステージの変化に合わせて選び直していくのは、もはや至難の技。だからこそ、保険の選び方で悩まないためには、それぞれがどんな保険でどういう人に向いているものなのか、自分で調べ、最低限の知識を理解するしか道はありません。

そこで、ここでは各保険の特徴や適しているタイプの人などについても説明しています。保険選びに迷わないためにも、参考にご一読いただけますと幸いです。

生命保険 定期保険、終身保険、養老保険、個人年金保険、変額保険など
医療保険 定期医療保険、終身医療保険、女性向け医療保険、傷害保険など
がん保険 入院給付金型、実損補填型、診断給付金型など
学資保険 貯蓄型、保障型
火災保険・地震保険 住宅火災保険、住宅総合保険、オールリスクタイプなど
自動車保険 対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害補償保険、自損事故保険など
自転車保険 TSマーク付帯保険、個人賠償責任保険、その他任意の自転車保険
海外旅行保険 海外旅行保険(短期間)、留学生保険、ワーキングホリデー保険など
ペット保険

定率補償型、定額補償型、実額補償型など

>>おすすめの無料保険相談窓口の口コミや評判をチェック!

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング