保険相談窓口おすすめリスト

保険相談窓口(保険ショップ)の評判をチェック!

最近、保険相談窓口がたくさん登場しています。保険会社や商品を選ぶ前に、どの保険相談窓口を選べばよいのか迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方に、それぞれの保険相談窓口の特徴、利用者の口コミ評判などを集めたのが、こちらのコンテンツです。窓口選びの参考にぜひ活用していただけますと幸いです。

保険見直し本舗 取扱保険会社数は40社以上、契約実績は80万件以上の高い実績。
保険クリニック 独自開発した「保険IQシステム」で、最適な保険プランづくりを実現。
みつばちほけん 相談員の育成に注力。高品質の提案力で相談者をサポート。
保険ほっとライン 日本初の来店型保険相談窓口。ウェブを使った保険管理システムが好評。
保険百花 「女性が相談しやすい保険相談窓口」をコンセプトに、スタッフのほとんどが女性。
保険テラス ランチを楽しみながら保険の知識が学べる、ユニークなセミナーも好評。
保険ひろば スタッフの対応力に高い評判。九州・中国地方を中心に店舗展開する保険相談窓口。
保険物語 自動車販売・整備工場が始めた、北海道の保険相談窓口。
ライフサロン 2つのサービスで、保険の見直し・提案から保険金・給付金手続きまでサポート。
ほけんのライフアシスト 新潟県を中心に店舗展開する地域密着型の保険相談窓口。
ほけんの窓口 全国に多数の店舗を展開。保険相談窓口のリーディングカンパニー。
保険マンモス 複数社の保険会社の最新情報を武器に、時には目標である無料保険相談件数に到達した時には、イベントが展開されることも。
保険市場 保険相談窓口の中では老舗。全国に400以上の店舗があるのが大きな特徴です。
保険ライフ 業界の中では後発ですが、30代の事例が多くあります。30秒で終わる保険相談診断もあります。
あなたのFP 経験豊富なFPが多くいるのが特徴。営業面で表彰をされていたり商品開発に携わったプロまでいます。
保険アドバイザーズ 万が一自分に合わないFPがついたとしても事務局に「ストップコール」を掛けられるというお客様目線の保険相談窓口です。
イオン保険マーケット 全国のイオンショッピングセンターにある保険ショップで相談が出来る、買い物帰りに寄れる窓口です。
保険相談サロンF.L.P 保険初心者に向けて無料セミナーを実施しています。また、税理士と提携している為、相続税等に関する相談も出来ます。
ゼクシィ保険ショップ ゼクシィが運営している保険ショップ。スタッフは契約数ではなく、顧客満足度を評価軸においているので相談がしやすいのが特徴です。
保険相談センター 東京と名古屋に力を入れている保険相談窓口。弁護士や税理士といったスペシャリストと提携してサポートしてくれます。
【番外】LIFULL保険相談(旧:マネモ) 全国約1,100店舗の保険相談窓口を検索&予約ができるポータルサイト。

日本全国にひろがる保険ショップは、大手の保険相談窓口、地域密着型の店舗、さらに直営店、フランチャイズなど実にさまざま。このサイトでは、数ある保険ショップの中からオススメの11社を厳選して紹介しています。気になるショップがあればクリックをしてさっそくチェックをし、実際にお近くの窓口に足を運んでみてください。保険に関する悩みや相談をスタッフの方が聞いてくれますよ!

結婚したら相談したい保険相談窓口

結婚を機に保険に加入するという人はとても多いようです。

家族のために加入しておきたい保険について解説します。

オリックス生命

結婚したら、保険の加入や見直しを行うのは基本。

一家の大黒柱となるご主人が必ず加入しておきたいのが、万が一の事態が発生したときに残された家族の生計を支えることができる「終身保険」です。

オリックス生命が展開している終身保険「RISE(ライズ)」は、保険料の負担をできるだけ抑え、かつ一生涯を保障してくれる死亡保険。

解約払戻金の設定があるので、もしものときの貯蓄機能も携えています。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

結婚して専業主婦になると、女性の場合保険に加入する人は少ないようです。

しかし、子宮頸がんなど女性特有の病気に備え、万が一のときに家計に大きな負担をかけないように準備しておくことはとても大切。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の「フェミニーヌ」は、女性特有の病気に対しての保障が充実した商品です。

1,000種類以上もの手術に対応しているそうなので、もしものときも安心ですね。

東京海上日動あんしん生命

日本人の3人に1人はがんで亡くなるといわれています。

しかし、医療技術が大きく発展したこともあり、早期発見ができれば決して治らない病気ではなくなりました。

もしがんを患ったときに、最新の治療が受けられるよう、がん保険はぜひ加入しておくべきです。

東京海上日動あんしん生命の「がん治療支援保険NEO」は、がんに対する治療を幅広く保障してくれる商品です。

妊娠・出産したら相談したい保険相談窓口

出産後、赤ちゃんに対しての医療費は行政がそれぞれの基準で補助してくれるので、医療保険の加入は急ぐ必要はありません。

しかし、将来の学費に備えて学資保険は必ず加入しておきたい保険のひとつです。 早い時期から始めるほど掛け金が低くなりますので、ぜひ早めに加入しましょう。

SONY生命

SONY生命は、数ある学資保険の中でも返戻金がもっとも高いことで知られています。

保険金の受け取り期間も必要な時期に設定でき、ドルで学資金を受け取ることも可能。 学資保険に加入する際はぜひチェックしたい保険会社です。

かんぽ生命

SONY生命と並んで加入者が多いのは、かんぽ生命の「はじめのかんぽ」です。

学資保険にさまざまな特約をつけることができるので、医療保険など万が一に備えてしっかり準備しておきたいという人におすすめ。

妊娠中から加入することができますが、出産前だと特約の加入ができないので注意しましょう。

明治安田生命

明治安田生命の「つみたて学資」も、元本割れしない学資保険として知られています。

貯蓄率が高く、15歳までに払込みが完了しますので、これからお金がかかるという時期に保険料の負担がないよう設定されています。

独身に不安を感じたら相談したい保険相談窓口

突然病気になって働けなくなるということもないとはいえませんので、独身でも老後や万が一に備えた保険への加入は必須です。

また、独身だとついお金を使ってしまいやすいため、貯蓄型の保険に加入するのもひとつの方法です。

マニュライフ生命保険

保険を活用して貯蓄をしたいという人におすすめなのは、「低解約返戻金型終身保険」という商品。

マニュライフ生命保険の「こだわり終身保険v2」は、返戻率が113%と同じ内容の保険商品の中でももっとも高いのが特徴です。

メットライフ生命

万が一に備えたい人が加入するべきなのは「医療保険」。

貯蓄型と掛け捨てがありますが、メットライフ生命の「リターンボーマス付き終身保険」は、払込が終わった後も保証を受けられる点が大きなメリットです。

アクサ生命

掛け捨てでもいいから毎月の保険料を抑えて医療保険に加入したいという人は、アクサ生命の「スマート・ケア」がおすすめ。

無理のない保険料で一生涯しっかり保障してもらえます。

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング