独身女性が入っておくと安心な保険ランキング

 第1位:メディカルKit NEO 女性プラン 東京海上日動あんしん生命

保険を検討するときには、まず自分にとってどんな事態がリスクになるか考えましょう。例えば病気やケガで働けなくなることは大きなリスクです。独身だからこそ、いざというときに必要な医療費を確保しておきましょう。医療保険を選ぶときにはどんな疾病が保険の対象範囲になっているかが、大きな指針になります。女性疾病など対象範囲がトップクラスに広いと言われているのが、メディカルKit NEO 女性プランです。

 

日帰り入院から保障

メディカルKit NEOは短期の入院や長期の入院、さらに働けなくなった時も保証してくれる保険。日帰り入院から保障してくれて、1回の入院当たり支払限度は60日。通算の支払限度日数は1095日です。

 

女性疾病保障特約

メディカルKit NEO女性プランでは、乳がんなど女性特有の病気や3大疾病の時には入院給付金を上乗せして受け取れます。日本女性に最も多いがんは乳がんです。乳がんは20代過ぎから発症し、30代で急増します。

乳がんは決して他人事ではない病気です。早い時期からしっかりと備えておきましょう。

 

充実プランで更に手厚く

メディカルKit NEOでは上記のプランに更に特約をプラスした充実プランも用意しています。充実プランなら入院前後の通院まで保障してくれます。自宅での長期療養や仕事と並行して通院治療をおこなうケー

スなど通院への備えが可能。特定疾病のときの保険料払込免除もプラスされています。

あんしん生命ではお客様サービスとして無料で病気などの相談を受け付けています。このような無料サービスも保険相談のときには確認しましょう。

 

第2位 女性保険フェミニーヌ 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

あらかじめ保障期間を決めてから契約する定期保険。独身女性のリスクをケアするのであれば、比較して保険料が安い定期保険も選択肢に入れましょう。

 

生存ボーナスが嬉しい

女性保険フェミニーヌでは入院の有無にかかわらず、3年ごとの生存給付金が受け取れます。受け取れる給付金は3年ごとに15万円。受け取ったお金は自分へのご褒美にしてもよし、貯金で将来に備えてもよし、お気に召すまま使ってください。

 

3大疾病は支払日数無制限

女性保険フェミニーヌでは、ほとんどすべての入院を通算1,000日まで保障。さらに三大疾病の入院の場合は入院1回あたりも、通算も日数無制限で支払われます。もしも長期の入院になっても安心して治療に専念できますね。

 

万一の場合にも保証

保険を検討する場合、自分が死亡してしまった場合のことも考える必要があります。女性保険フェミニーヌでは死亡したときは死亡保険金300万円が支払われます。さらに所定の高度障害状態の時には特約高度障害保険金が支払われ、入院保障も保険料払い込み免除で継続することができます。

女性保険フェミニーヌは自分のお葬式や身の回りの整理をする費用だけ残したいと考えるにもうれしい保険です。

 

第3位 働く人への保険2 ライフネット生命

独身女性に必要なのは、生きていくための保険。例えば、仕事で働けなくなってしまったとき独身女性はまず生活資金の問題に直面します。長期入院や療養になれば、有休を使い、さらに休職するかもしれません。働けなくなった時に強い助けになってくれるのが就業不能保険。その中でも幅広い世代から口コミで人気を集めているのが働く人への保険2です。

 

長期入院や在宅療養に備える

働く人への保険2は入院や在宅療養した場合に、生活費までカバーしてくれる保険です。独身の場合、働けなくなると治療費の問題と同時に生活費の問題が発生します。

そこで働く人への保険2では病気やケガで入院したり、在宅療養になったりした時には就業不能保険金を受け取れます。医療保険でカバーできない生活費を保障するためにも働く人への保険2は利用されています。

 

自分で設定できる給付金

働く人への保険2なら週病不能給付金を月額10万円から50万円まで5万円きざみで設定することができます。自分の年収に合わせて必要な額を選べるので、自分にとってちょうどいい保障に設定することができますね。

人によってもともとの収入は違いますし、生活費も同様です。働く人への保険2なら自分の生活に合わせて給付金を選ぶことができるのです。

 

働き方に合わせてフレキシブルに対応

働く人への保険2では就業不能給付金の受け取り方や時期を選ぶことができます。標準タイプの受け取りは1回目の給付金から受け取れますが、ハーフタイプでは一定期間半額にすることで保険料を抑えることができます。

さらに就業不能状態から給付金を受け取る時期も設定可能。自営業者か会社員かでも公的保障は違います。会社員や公務員であれば、まずは疾病手当金などの公的保障を利用することもできるでしょう。働く人への保険2なら公的保障の有無などに合わせて、自分にとって合理的な選択をすることができます。

 

終身保険RISE オリックス生命保険

将来を考えると貯蓄は必ず必要です。そこで注目していただきたいのが、長期的な貯蓄機能も備えた保険。解約返戻金を受け取ることができる保険であれば、補償を受けながら貯蓄することができます。仕組みもシンプルでわかりやすいため、初めて加入する保険としてもおすすめです。

 

貯蓄性があるので老後資金に

終身保険RISEは一生涯の死亡保障に加えて高い貯蓄機能も備えていると評判の保険。死亡保障が不要になった時には保険契約を解約して解約返戻金を老後資金やマイホーム資金にしてもいいでしょう。公式サイトからシミュレーションもできるので、ライフプランを思い描きながら利用してみてください。

 

お手軽な保険料でも保障はしっかり

終身保険RISEは保険料払い込み期間中の解約返戻金を抑えることで、保険料をお手ごろにしています。保険料は上がらず、死亡保障は一生涯。さらに保険金額や払込期間を自由に設定できます。保険金額を抑えて短期払いにするなどニーズに合わせて選べる保険です。

 

高い返戻率と一生涯の保障を両立

終身保険RISEは高い返戻率から貯蓄として加入する人もいます。しかし、死亡保険としての補償も充実した内容です。しかも終身保険RISEの保険料はリーズナブル。保険料同じ死亡保険金額するつもりで他社と比べても割安にあたるはずです。

 

たのしみワンダフル 住友生命

独身女性が将来を考えるときに早めに準備しておきたいのが老後の備え。保険で老後に備えことを考えて心強いのが個人年金保険です。公的年金はあっても公的年金を受け取れるまでの間のつなぎが必要になります。公的年金で足りない生活費を賄うためにも個人年金保険が口コミで人気を集めています。

 

貯蓄性が高い年金保険

たのしみワンダフルは、個人年金保険の中でも返戻率が比較的高い個人年金保険。保険料は加入時のまま、上がることはありません。銀行の預金は低金利で預ける気がしないという人は、このような個人年金保険で貯蓄を検討しましょう。

特に個人年金保険は返戻率を基準に選ぶことをおすすめします。さらに年金の受け取りを先延ばしすることで、返戻率を高くすることも可能です。

 

たのしみランクで返戻率がアップ

たのしみワンダフルでは独自の取り組みでたのしみランクというものが付けられます。たのしみランクは保険料の支払いが1万5千円を超えると適用になり、返戻率がアップします。

返戻率を少しでも上げたいという人は、このようなサービスも検討しましょう。

 

シミュレーションでライフプランをたてよう

たのしみワンダフルは貯蓄性が高く、老後資金の積み立てにも利用できます。加入したときの年齢や払込方法などによって戻ってくる金額は違います。さらに年金受取回数も1回から12回までフレキシブルに対応。自分のライフプランに合わせて年金の受け取り方を選びたいという人にもおススメです。

 

税金の控除対象になる

たのしみワンダフルで払い込んだ保険料は個人年金保険料税制適格特約(‘90)を付加することで個人年金保険料控除の対象になります。毎年の所得税や住民税の負担を減らすことができるので、個人年金保険料控除の枠が残っている場合にも、検討してみましょう。

 

 

独身でも既婚でもそれぞれにリスクがあります。まずは自分にとって何がリスクになるかを書き出してみましょう。リスクを明らかにすることで、保険相談に行ったときにもニーズを伝えやすくなります。保険相談は無料で受け付けている窓口もたくさんあります。まずは予約してみましょう。

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング