無料で保険相談!口コミ評判で選ぶ保険ショップまとめ » 女性限定!ライフステージごとの保険見直しマニュアル

女性限定!ライフステージごとの保険見直しマニュアル

女性にとって、大切なのにわかりにくいのが「保険の見直し」です。人生が大きく変化する時期には必ず見直さなければいけません。ここでは保険の見直しが必要な時期とチェックすべきポイントをまとめているので参考にしてくださいね。

女性の保険見直しタイミングをリサーチ

就職・結婚・出産など、ライフステージが変化するタイミングにさしかかり、「保険を見直さなきゃとは思うんだけど、なにを見直したらいいのかさっぱりわからない…」という方は多いのではないでしょうか。

ここでは「オンナの保険マガジン」編集部・女性編集部員たちのトークを通じて保険を見直すべきタイミングや、見直しのポイントを楽しく学べます。ちょっぴりせっかちな彩子(28歳)、お節介やきの由美(25歳)、しっかりものの愛子(31歳)と一緒に、保険についてもう一度考えてみましょう!

見直しタイミングその1:就職したら

女性は就職を機に親元を離れる人もいるので、保険を見直すにはピッタリのタイミング。ライフスタイルが変わるため、今までの保険ではカバーしきれない可能性が高いんです。見直すときに注目すべきポイントは?ひとり暮らしの場合はどんなリスクをカバーすべきなの?といった疑問を「オンナの保険マガジン」編集部の彩子・由美・愛子がまるっと解消!女性が気をつけたい病気の保障についても言及しています。就職時の保険に迷ったらぜひチェックしてみてください。

見直しタイミングその2:結婚したら

女性にとって人生の大きなターニングポイントとなる「結婚」。夫婦生活を不安なく送るためには、これまでお互いが加入してきた保険を見直すことが大切です。「共働きか専業主婦か」「子どもは欲しいのか」など、2人の希望するライフプランに合わせて保険を選びましょう。男性は保険に無頓着なことが多いので、女性の方から積極的にリードして夫婦の安心を守らなければいけません。「オンナの保険マガジン」編集部の3人と結婚後の保険見直しについて学んでいきましょう!

見直しタイミングその3:妊娠したら

結婚したあとの見直しのタイミングは、やはり「妊娠」。出産に向けた準備で忙しいとは思いますが、このタイミングで保険は必ず見直したほうがいいといえます。保険の見直しのポイントをご紹介いたしましょう。

見直しタイミングその4:出産したら

女性の人生は男性に比べて変化が多いもの。なかでも出産は女性の一大ライフイベントです。「子どもが生まれる=家族が増える」ことになると、当然出費も増えます。新しい家族との家庭を守るため、保険に加入して経済面でのガードを固める必要があるのです。あなたが今加入している保険は、万が一のことがあっても子どもがしっかり成長できるような保険ですか?「オンナの保険マガジン」編集部の3人が保険の見直しについて語っているので、一緒に出産にまつわる予見について勉強してみましょう。

見直しタイミングその5:家を買ったら

家を買うまでの間に生命保険に加入していた場合、マイホーム購入は家計を節約するチャンスだということを知っていますか?これまで支払っていた保険料を削減できる可能性があるのです。家計簿を管理する女性だからこそ保険の知識を身につけて、賢くマイホーム生活をはじめたいですね。マイホーム購入時の保険料の節約方法について、編集部の3人も何やら話していますよ。保険見直しのポイントは、住宅ローン契約の種類によっても違うようです。一体どのようなケースが該当するのでしょうか?

見直しタイミングその6:子どもが独立したら

保険はライフステージや環境の変化に合わせて、定期的に見直す必要があります。その中でも老後に備えるのであれば、子どもが独立したタイミングで保険を見直すのがベスト!養育費や生活費の負担が減るため、必要な保証内容が大きく変わってくるのです。「見直すと言っても保険って種類が沢山あって分からない…」そんな方に向けて、「オンナ保険マガジン」編集部の女性3人が、子どもが独立したら見直すべき保険について話し合います!

見直しタイミングその7:シングルマザーになったら

離婚は、女性が保険を見直すのに重要なタイミング。離婚前に行っておきたい保険のチェックポイントについて、「オンナの保険マガジン」編集部3名が詳細に説明します。離婚してシングルマザーになった時、死亡保険・医療保険の加入を考えるならどのポイントを見ておくべきなのでしょうか。死亡保険・医療保険で大事なのは、子どもについてきちんと考えられているのかです。そのために知っておきたい内容をまとめていますのでチェックしてみてください。

見直しタイミングその8:独身に不安を感じたら

「いつかは結婚したいと思っている」「仕事が忙しくて出会いがない」など、結婚できずにいるシングル女性の場合、将来のイメージがわきづらく保険選びも迷ってしまいがち。しかし、女性特有のがんである子宮がんや乳がんが発症する年齢は年々若くなっており、早めの対策が必要になってきています。将来に備えるために最適な保険選びができるよう、年齢別にみたシングル女性におすすめな保険や見直しポイントを紹介します。

[特集]働く女性の保険事情

働く女性500名に「将来の経済的リスクへの備えとして、何をしていますか」と質問したところ、1番多かった回答は「貯金」(280人)で2番目は「保険」(172人)でした。働く女性たちは、お金に関する不安を感じたとき、貯金の次に頼りになるのは保険だと考えていることがわかります。

加入している保険の種類は?

保険クリニックの調査によると働く女性の約8割が、なんらかの保険に加入しています。加入している保険の種類で、一番多かったのは「医療保険」で、2位は「がん保険」。病気に備えた保険に入っている女性が多いようです。

保険クリニックでは、月収の15~25%を経済的リスクへの備えとして、貯金や保険にまわしておけば安心だと伝えています。

女性の保険を見直して得した?

保険クリニックの調査では、働く女性500名のうち219名が自分や家族の保険を見直したことがあり、そのうち83名が「保険を見直すことで、保険料が安くなった」と感じているそうです。

また、72名が「見直しにより、自分が加入している保険の無駄な部分がわかった」と回答しています。面倒くさがらずに保険の見直しをすれば、無駄な保険料を支払わずに済むので、お得に保険を利用できるのです。

そもそも保険に入った方がいいの?

公益社団法人生命保険文化センターの調査によると現在、女性の生命保険の加入率は81.3%です。年齢別に内訳を見てみると20歳代女性が53.2%、30歳代女性が81.3%、40歳代女性が87.1%、50歳代女性が88.1%と、年齢が上がるにつれて保険の加入率は高くなっています。

加入の金額は全体的に見ると男性よりは少なめの794万円であるものの、それでも4割の女性が加入額1000万円以上であるのが現状です。

これだけ多くの女性が加入している保険ですが、そもそも加入する必要性はあるのでしょうか。保険へ加入するかどうかについては賛否があります。

健康体で今まで病気にかかったことがない、保険なんて必要ないと思っていて保険に入らない女性もいますし、自分の万が一に備えて保険に入っておく女性もいます。

また、収入が不十分であり保険に入るための余裕がないという人もいるでしょう。

保険に入るべきかどうかはその人のライフスタイルや経済面、どのような医療を受けることを希望するかにもよります。

参考:公益財団法人生命保険文化センター

保険に入っておいた方がお得な人は?

まず保険に入っておいた方がいい人について検討していきます。保険に入っておいた方がお得な人は入院をすることがあり得る人です。

全く病気にかかったことがない人でもいつ病気になるか分かりません。例えばがんや糖尿病、心臓血管系など遺伝も病気の誘因となると考えられている病気があります。家族にそういった病気の人がいる場合は自分もいずれ病気になる可能性があります。

保険は一度病気になってしまうと審査が厳しくなり、加入できなくなることがあります。家族に遺伝が関係する病気になっている人がいる人や、もともと体が弱くて外来を受診する機会が多いという人は保険に加入しておくと良いでしょう。

また、入院した際に個室での入院を希望する人も保険に入っておくと良いでしょう。

さらに、貯蓄を崩さずに入院治療をしたいという場合も保険に加入しておくといいでしょう。高額医療費制度を活用した後の差額分や入院療養費などを保険でまかなうことができるので、貯金を崩すことはなくても良いでしょう。さらに、家族を持っている女性や、自分が世帯主として働いており、自分に万が一のことがあった時に家族にお金を残さなければならないという場合にも保険を活用することができます。

こういった境遇の方は保険に加入しておくと良いでしょう。

参考:公益財団法人生命保険文化センター

保険に入らなくても良い人は?

逆に保険に入らなくても良いという人はどのような人なのでしょうか。

まずは、現在仕事をしていて貯蓄が安定している人です。貯蓄が安定している人は、貯蓄から医療費をまかなえることも多いため、安心できます。

次に、現在の生活費を稼ぐのに精いっぱいという人です。前述したのと逆に貯蓄が全くなくその日の生活で苦労している人は、保険料を払うことが生活を圧迫することにつながってしまいます。

個室に入院したい、高額な医療を受けたいなどのこだわりがなければ高額医療申請を行うことで最低限の医療を受けることが可能です。そういった方は保険に入らなくても良いのではないでしょうか。

また健康体そのもの、家族にも病気の人がいないという場合も直近で病気にかかる心配がないため、保険に入らなくても良いのかもしれません。

どんな基準で保険を選べばいいのか

女性はどのような基準で保険を選べばよいのでしょうか。

最も見ておきたい基準は終身型か、定期型かというところです。定期型は更新期間が決まっており、終身型よりも保険料が安いことが特徴です。そのため、例えば妊娠や出産のリスクに備えたい、女性特有の疾病になりやすい年齢の時にだけ備えとして保険に加入しておきたい場合などです。一時的にお金がかかりそうと考えられてカバーしておきたいと考えている場合には定期型を選ぶと良いでしょう。

終身型は保険料は高いものの途中からの値上がりはなく一生涯サポートしてくれます。また、若い女性では安い保険料が加入できます。若いうちから保険の加入を検討している、一生涯に渡ってのサポートを必要としているという人におすすめです。

また、終身型には払戻金がある場合と掛け捨ての場合があります。掛け捨ての場合の方が保険料は安くなる傾向にあります。そのため、万が一に備えて保険には入っておきたいけれど予算を抑えたいという人は掛け捨て型が良いでしょう。

一方、今後に備えて貯蓄をしておきたい女性や現在稼ぎがあり、経済的に余裕のある女性は貯蓄型が良いでしょう。

さらに女性が見ておきたいのが女性特有の疾病に手厚くサポートしてもらえるかです。女性特有の疾病は貯蓄型で適応していなかったり一部の疾患しかサポートしてもらえないことがあります。

女性特有の疾病に手厚いサポートが受けられるかどうかは見ておきたいポイントとなります。

また、入院日額金が何日入院することでいくら支払われるのかを見ておくことも大切です。
女性特有の疾病には1泊2日程度で治療が済むものもあります。せっかく入院して治療をしたのに、給付を受けられなければ保険をに入る意味がありません。

どの手術に対応してくれるか、入院期間はどのくらいからサポート対象なのかも見ておきましょう。

独立・開業のステップは保険見直しのタイミング

独立したり、起業・開業したりというのは、保険を見直す良いチャンスです。保険にもさまざまなプランがあり、口コミやランキング、評判で決めてしまいがちな保険もあるかもしれません。しかし、個人事業主になると専門性が求められることもあります。

そこで、経営者向けの保険に詳しい担当者やファイナンシャルプランナーへの保険相談がおすすめです。転職やリストラ、定年などで収入が変わるときに、必要な保障や保険料を見直すのと同じように考えましょう。

独立や開業は、自分が働けない時期があったりするため、そのときに家族の生活を守ったり、保険の保障を広げておくことで、安心してビジネスに集中することができます。「備えあれば患いなし」のごとく、独立して開業したばかりのときは、収入などにも変化が生じるため、契約更新、保険内容の確認など、保険の見直しを検討しましょう。

自分で起業して独立したり、家業を継いだり、自営業や事業主に変わる場合は、転職と同じ扱いになり、保険の見直しが重要です。個人事業主になれば、健康保険は国民健康保険に変わり、厚生年金は国民年金へ変更になります。

死亡保障をしっかりと行うのは独立・開業の基本

会社員時代には、厚生年金の中から「遺族年金」が、「遺族厚生年金」と「遺族基礎年金」の2段階で残された家族に支払われます。

しかし、自営業の場合には、国民年金には弔慰金制度(死亡退職金)が含まれていません。また、もしも事故にあったり死亡したりというときには、配偶者や子どもに支払われる予定の遺族年金の中から、遺族基礎年金だけが支払われるようになります。このように、もしもの場合の、国の遺族保障として受け取れるものが少なくなってしまうので、死亡保障の増額を検討する必要があります。

さらに、厚生年金や国民年金に加入していないことで、受け取れなくなった保障の代わりに、「収入保障保険」や「定期保険」などを当てることになります。また、貯蓄効果もある「終身保険」なども検討しておくこともできるでしょう。

将来のためには個人年金加入もおすすめ

個人事業主になったとき、個人年金の加入が勧められるのは、将来のため、つまり老後のためです。「個人年金保険」は、老後の生活を支え、必要となる資金の確保を保障する役割を担っています。

会社員から定年退職するときと、個人事業主の国民年金とでは、受け取れる年金も違いがあるのです。そこで活用できるのが「個人年金保険」になり、将来のサポートとして備えておくことができます。

医療保障のさらなる充実を

会社員であれば、病気や疾病のときには、有給休暇を使ったり、企業へ申請して疾病手当で補ったりすることもできます。しかし、個人事業主であれば、すぐに収入が得られるとも限りませんし、病気で入院して仕事ができないということは致命的な場合もあり得ます。

さらに、会社員のときとは異なり、国民健康保険に変わったことで、傷病手当金に変わる医療保障の増額を検討する必要があります。そのため、収入がないときのことを考えて、生命保険とは異なる「所得保障保険」なども考慮することができます。

また、医療保険の入院1日に対して受け取れる給付増額や、特定の傷病で一時金をまとめて受け取れる保険に加入することも検討できます。そして、生活習慣病や女性特有の病気やがんになったときにも補える医療保障を考えてみましょう。

法人企業の経営者になったときの備えも充実

開業した先の事務所や店舗を何らかの事情で閉鎖もしくは廃業するというときにも、「身辺整理資金」が必要となる場合があります。そこで、開業時に借入金があれば、その返済の保障が賄われることになります。

独立したり、起業・開業したりして法人の経営者としてスタートするとき、もしくは立場が変わり経営者になったときには、経営者向けの保険を確認しておくことが必要です。企業を守り、福利厚生の充実を行い、経営者として退職後の積み立てやビジネスの円滑な運営にも役立つものとなります。

企業や経営者の場合には、幅が広くなり、一般の保険商品と異なるものがあります。この場合には、専門知識を持っている担当者やファイナンシャルプランナーへの相談により、ビジネスライフを充実させましょう。

>>おすすめの無料保険相談窓口の口コミや評判をチェック!

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング