HOME » 女性限定!ライフステージごとの保険見直しマニュアル

女性限定!ライフステージごとの保険見直しマニュアル

女性にとって、大切なのにわかりにくいのが「保険の見直し」です。人生が大きく変化する時期には必ず見直さなければいけません。ここでは保険の見直しが必要な時期とチェックすべきポイントをまとめているので参考にしてくださいね。

女性の保険見直しタイミングをリサーチ

就職・結婚・出産など、ライフステージが変化するタイミングにさしかかり、「保険を見直さなきゃとは思うんだけど、なにを見直したらいいのかさっぱりわからない…」という方は多いのではないでしょうか。

ここでは「オンナの保険マガジン」編集部・女性編集部員たちのトークを通じて保険を見直すべきタイミングや、見直しのポイントを楽しく学べます。ちょっぴりせっかちな彩子(28歳)、お節介やきの由美(25歳)、しっかりものの愛子(31歳)と一緒に、保険についてもう一度考えてみましょう!

見直しタイミングその1:就職したら

女性は就職を機に親元を離れる人もいるので、保険を見直すにはピッタリのタイミング。ライフスタイルが変わるため、今までの保険ではカバーしきれない可能性が高いんです。見直すときに注目すべきポイントは?ひとり暮らしの場合はどんなリスクをカバーすべきなの?といった疑問を「オンナの保険マガジン」編集部の彩子・由美・愛子がまるっと解消!女性が気をつけたい病気の保障についても言及しています。就職時の保険に迷ったらぜひチェックしてみてください。

見直しタイミングその2:結婚したら

女性にとって人生の大きなターニングポイントとなる「結婚」。夫婦生活を不安なく送るためには、これまでお互いが加入してきた保険を見直すことが大切です。「共働きか専業主婦か」「子どもは欲しいのか」など、2人の希望するライフプランに合わせて保険を選びましょう。男性は保険に無頓着なことが多いので、女性の方から積極的にリードして夫婦の安心を守らなければいけません。「オンナの保険マガジン」編集部の3人と結婚後の保険見直しについて学んでいきましょう!

見直しタイミングその3:出産したら

女性の人生は男性に比べて変化が多いもの。なかでも出産は女性の一大ライフイベントです。「子どもが生まれる=家族が増える」ことになると、当然出費も増えます。新しい家族との家庭を守るため、保険に加入して経済面でのガードを固める必要があるのです。あなたが今加入している保険は、万が一のことがあっても子どもがしっかり成長できるような保険ですか?「オンナの保険マガジン」編集部の3人が保険の見直しについて語っているので、一緒に出産にまつわる予見について勉強してみましょう。

見直しタイミングその4:家を買ったら

家を買うまでの間に生命保険に加入していた場合、マイホーム購入は家計を節約するチャンスだということを知っていますか?これまで支払っていた保険料を削減できる可能性があるのです。家計簿を管理する女性だからこそ保険の知識を身につけて、賢くマイホーム生活をはじめたいですね。マイホーム購入時の保険料の節約方法について、編集部の3人も何やら話していますよ。保険見直しのポイントは、住宅ローン契約の種類によっても違うようです。一体どのようなケースが該当するのでしょうか?

見直しタイミングその5:子どもが独立したら

保険はライフステージや環境の変化に合わせて、定期的に見直す必要があります。その中でも老後に備えるのであれば、子どもが独立したタイミングで保険を見直すのがベスト!養育費や生活費の負担が減るため、必要な保証内容が大きく変わってくるのです。「見直すと言っても保険って種類が沢山あって分からない…」そんな方に向けて、「オンナ保険マガジン」編集部の女性3人が、子どもが独立したら見直すべき保険について話し合います!

見直しタイミングその6:シングルマザーになったら

離婚は、女性が保険を見直すのに重要なタイミング。離婚前に行っておきたい保険のチェックポイントについて、「オンナの保険マガジン」編集部3名が詳細に説明します。離婚してシングルマザーになった時、死亡保険・医療保険の加入を考えるならどのポイントを見ておくべきなのでしょうか。死亡保険・医療保険で大事なのは、子どもについてきちんと考えられているのかです。そのために知っておきたい内容をまとめていますのでチェックしてみてください。

見直しタイミングその7:独身に不安を感じたら

「いつかは結婚したいと思っている」「仕事が忙しくて出会いがない」など、結婚できずにいるシングル女性の場合、将来のイメージがわきづらく保険選びも迷ってしまいがち。しかし、女性特有のがんである子宮がんや乳がんが発症する年齢は年々若くなっており、早めの対策が必要になってきています。将来に備えるために最適な保険選びができるよう、年齢別にみたシングル女性におすすめな保険や見直しポイントを紹介します。

[特集]働く女性の保険事情

働く女性500名に「将来の経済的リスクへの備えとして、何をしていますか」と質問したところ、1番多かった回答は「貯金」(280人)で2番目は「保険」(172人)でした。働く女性たちは、お金に関する不安を感じたとき、貯金の次に頼りになるのは保険だと考えていることがわかります。

加入している保険の種類は?

保険クリニックの調査によると働く女性の約8割が、なんらかの保険に加入しています。加入している保険の種類で、一番多かったのは「医療保険」で、2位は「がん保険」。病気に備えた保険に入っている女性が多いようです。

保険クリニックでは、月収の15~25%を経済的リスクへの備えとして、貯金や保険にまわしておけば安心だと伝えています。

女性の保険を見直して得した?

保険クリニックの調査では、働く女性500名のうち219名が自分や家族の保険を見直したことがあり、そのうち83名が「保険を見直すことで、保険料が安くなった」と感じているそうです。

また、72名が「見直しにより、自分が加入している保険の無駄な部分がわかった」と回答しています。面倒くさがらずに保険の見直しをすれば、無駄な保険料を支払わずに済むので、お得に保険を利用できるのです。

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング