HOME » 女性限定!ライフステージごとの保険見直しマニュアル » 子どもが独立したら見直す保険

子どもが独立したら見直す保険

老後に備えるのであれば、子供が独立したタイミングで見直すのがベスト。死亡保険の見直しにより自分自身に必要な保険内容を追加することでより快適なセカンドライフが送れますよ。

子どもが独立したら保険は必ず見直す

近年では「セカンドライフ」といって老後に旅行や移住など好きなことをして楽しむ方も増えていますが、老後を盛大に楽しむためには、保険の保障期間が切れていないかどうかやプラン内容を定期的に見直すことが大事になってきます。

子供が社会人になる時は、見直しのベストタイミング。子供が独立して親元を離れると養育費や生活費の保障が不要、もしくは軽減されるため自分自身の病気や夫婦の生活に見合った保険プランに変更しましょう。

まず死亡保障から見直そう

愛子:「子供が独立したら、何の保険から見直せば良いか分かりますか?」

彩子:「老後に向けて…介護保険とかですか?」

愛子:「ちょっと惜しいかな。老後の貯金もすごく大事だけど、まず見直すべきなのは“死亡保険”よ」

彩子:「え!そうなんですか!?なんで!?」

由美:「分かった!養育費を考える必要がなくなるから、高額な死亡保障が必要なくなるんですね」

愛子:「そう。死亡保障の中には一家の大黒柱になにかあったとき、子供の生活費や教育費を保証してくれるものなどがあるの」

彩子:「養育費は子供が自立した後は必要なくなりますもんね。生活費も夫婦に必要な最低限のみに変更すれば、保険がスリム化されて費用が浮くわけですね」

由美:「死亡保険がスリム化されれば、余裕ができた分で自分自身に必要な保険に入ることもできちゃいます」

彩子:「女性はやっぱり乳がんとか特定の疾病保険に入っておきたいですよね」

愛子:「それに死亡保険を掛け捨てにしている場合は、終身型に変更するのもおすすめ。終身型なら保険料はそのままで一生涯保障してくれるから老後の生活も安心よ」

医療保障は女性特有のがん保険を追加したいところ

彩子:「私は死亡保険を見直して余裕ができたら、がん保険なんかを追加したいです」

愛子:「それはいい考え!特に女性特有の乳がんは11人に1人の割合で発症すると言われていて、30~40代の死亡原因のトップになっているから、しっかり備えたいですね」

由美:「最近では20代での発症も多いらしいですよ。私もまだ20代だから大丈夫と油断せずに、定期的な検査を受けようと思います!」

彩子:「がんだけじゃなく生活習慣病や要介護状態になった場合にも備えたいけど…」

愛子:「年齢が上がれば上がるほど、さまざまな病気のリスクが出てきて怖いけですよね。近年では特定の疾病に備えられる生前給付金や持病があっても入れる緩和型医療保険や女性特有の病気に特化した保険も沢山出てきているので、見直しの際に検討するといいかもしれません」

由美:「医療技術が発達して難しい病気の治療も可能になってきましたけど、そういった最新医療は高額になることが多いから保険に入って備えておくといいかもしれません」

愛子:「そのためにも自分が備えたい病気やリスクを明確にして、うまく保険を組み合わせていくことが大切なんですよ」

ふたりの老後に向けた資金づくりを

彩子:「老後といえば、20~30代くらいの若い世代の人たちは、もらえる年金額が少ないんですよね…」

愛子:「ええ、高齢化や少子化の影響で年金の元になる保険料を払える人が少なくなる一方で、貰う側が増えていくから今の若い人が貰える年金額はどうしても減ってしまうの」

由美:「むむ…老後のセカンドライフを楽しむのは難しいのでしょうか…」

彩子:「たしか生命保険文化センターが調べた生活保障に関する調査によると、夫婦が2人で暮らしていくために必要な資金は月に22万円くらいだそうですよ」

由美:「さらに厚生労働省が出した日本人の平均寿命は、男性が80歳、女性が86歳だから…60歳に定年退職したとすると、23~28年くらいの老後生活が待っているということに…!」

愛子:「長いセカンドライフを楽しむためにも、今の自分が年金や退職金を含めてどのくらいもらえるのか、貯金額と比べてしっかり考える必要があるわね」

彩子:「なんだか難しそうです…」

愛子:「ポイントは“貯蓄”と“保証”を分けて考えること。積み立ての代わりに終身型の死亡保険に入るのも良いけど、それで日々の生活が苦しくなっては元の子もないので、貯蓄を優先するか保険料を優先するか自分の生活環境を考慮しながら都度変更していくことが大事なのです」

彩子:「定期的に見直しを行って、自分の生活に合った保険内容になっているかを把握することが大切なんですね!」

持病があっても入れる人気の無選択型終身保険を紹介

子どもが独立し、老後のセカンドライフに備えて保険の見直しをするときに障害となるのが「持病」や「これまでの病歴」です。持病があると、一般的な医療保険や終身保険には加入できません。そんなときは、持病があっても入れる「無選択型終身保険」を頼りましょう。

セカンドライフに備えるならアフラックの「終身保険どなたでも」

無選択型終身保険のおすすめは、アフラックが提供している「終身保険どなたでも」です。40歳から80歳までという加入年齢の幅広さも魅力で、持病があっても保険に入れます。

月々の保険料も、最低2,000円からとリーズナブル。更新がないため保険料は加入時のまま一生かわりません。終身タイプなので、支払った保険料が掛け捨てにならないのもポイントです。余命半年になったら、死後支払ってもらうはずの保険金を前倒しして受け取ることができる「リビング・ニーズ特約」も無料でつけられます。

無選択型終身保険なら医師の診断や告知は不要!

無選択型終身保険とは、通常の医療保険等であれば必要となる「医師の診断や告知」なしで加入できる保険です。セカンドライフのことを考えて病気を見直す年齢になると、一度も健診に引っかかったことがない、病気や事故等で入院や通院をしたことがないという人のほうが少ないもの。年齢を重ねれば重ねるほど病気や怪我のリスクは上がっていくので、新しく保険に入るのも簡単ではありません。

その点、無選択型終身保険は持病があっても健康面に不安があっても加入できます。保障は原則死亡保障のみ。終身タイプなので、加入してすぐに契約者が亡くなってしまった場合も保険料は無駄になりません。

医師の診断が必要な終身保険に比べると保険料は少し高くなってしまいますが、それでも月々数千円。保障の最大額も控えめなので、これまで加入していた保険を組み直して死亡保障を小さくまとめるのにぴったりの保険です。

無選択型終身保険にはいつ入るべき?

無選択型終身保険の加入年齢は、保険会社によって多少の違いがあります。「終身保険どなたでも」の場合、最低加入年齢は40歳です。ただ、「終身保険どなたでも」は終身タイプなので、加入したらずっと保険料を払いつづけなければなりません。

現在加入している保険の死亡保障にいくら払っているかを確認してから、本格的なセカンドライフをはじめるまえに加入しましょう。

「終身保険どなたでも」の保障内容と料金をシミュレーション

「終身保険どなたでも」の保障内容を大きくわけると、「病気による死亡保障」「災害・事故による死亡保障」の2種類です。支払われる保険金の額は、毎月の保険料と保険加入時の年齢・性別によって変わります。ここで紹介する保障内容は一例なので、興味をもった人はぜひ資料請求してみてください。

  • 病気で亡くなった方への保障
  • 60歳の女性が保険料月6,000円で「終身保険どなたでも」に加入した場合、加入から2年を越えると病気での死亡に対して「1,183,200円」の保険金が支払われます。

    もし、2年以内に亡くなってしまった場合はこれまでに支払った保険料の掛け金総額が保険金です。

  • 事故・災害で亡くなった方への保障
  • 「急激かつ偶然な外来の事故」で契約者が亡くなった場合、「病気死亡時の4倍」の保険金を受け取ることができます。急激かつ偶然な外来の事故とは、交通事故や院内感染、転倒によるけがなどです。

    先程の例でいうと、病気で亡くなった場合の死亡保険金1,183,200円の4倍、4,732,800円支払われます。

    なお、加入から2年経っていなくても、事故等が原因なら保険金は病気死亡時の4倍です。

  • リビング・ニーズ特約
  • 特約をつけると、「余命半年」と判断された場合死亡保険金を生前に受け取ることができます。受け取ったお金を治療費に当てたり、生前贈与して葬儀費用にしてもらったりすれば、亡くなったあとのトラブルも起こりません。

  • 料金シミュレーション
  • 毎月の保険料は最低2,000円から、1,000円ずつ好きな金額を上乗せ可能。加入時の年齢・性別に関わらず保険料はずっと同じです。

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング