就職したら見直す保険

就職をすると生活環境は変わるもの。起こりうるリスクが変化するので、保険を見直す時期としても最適です。ここでは、就職時に見直す保険のポイントについてまとめてみました。

女性にとって就職は保険見直しのチャンス!

就職が決まり新しい生活が始まるときは、保険を見直すのにも最適なタイミングです。

保険の種類はさまざまあり、カバーしているリスクはそれぞれ。

例えば、医療保険は自分が病気やケガをしたときに発生するリスクを軽減させるものなのに対し、死亡保険は自分が亡くなった後に家族のリスクを解消するものです。

ライフスタイルが変われば、当然起こりうるリスクの種類も変わるもの。古い保険のままでは今の自分に合った保障が受けられなくなることもあるので、就職を機に一度保険を見直すのがおすすめですよ。

就職のタイミングはどんな保険に入ればいい?

彩子:「愛子さん!由美ちゃん!就職を機に保険を見直すべきだってよく言われているじゃないですか。どんな保険に入るのが良いんですかね?」

愛子:「急にどうしたの?就職したのなんてずいぶん前でしょ」

彩子:「先日親戚の子が就職したんですよ。その時どんな保険に入ればいいのか相談されたんですけど、全然答えられなくて…」

由美:「就職したころ、なんだか懐かしいな~。不安も多いはずだから、保障いっぱいの手厚い保険がいいんじゃないですか?」

愛子:「そうね。病気になって働けなくなったら収入が途絶えちゃうから、その分をしっかり保障してくれる医療保険を選ぶのがベストだと思うわ。ただ、保障をつけすぎた高い保険料は入社したての人にはヘビーだから、欲張りすぎは禁物ね」

由美:「なるほど。保障する病気をある程度しぼるべきですね」

彩子:「保障する病気か…。私は最近、乳がんとか子宮がんとかが気になるかもしれません!30歳を過ぎると発症率が上がるって聞くし…」

愛子:「そういう女性特有のがんに有利な保障がつけられている『女性保険』というものもあるわよ」

彩子:「え!?そうなんですか?」

由美:「乳がんは若い人でも発症する人が増えていますし、若いうちから入っておくといざという時に安心ですね」

彩子:「たしかに!」

ひとり暮らしなら働けなくなるリスクをケアしよう

由美:「就職と同時にひとり暮らしをはじめる人って多いですよね」

彩子:「うんうん。私もそうでしたもん」

由美:「そうなると怖いのは入院じゃないですか?仕事できなくてお金は入ってこないのに、治療費だけ膨らんでいくっていう」

彩子:「は!たしかに!入院なんてことになったら生きていけないんじゃ…」

愛子:「そう!だからひとり暮らしの人は『入院保障』を手厚くすべきなのよ!」

彩子:「入院することになっても困らないようにするには、どのくらい保障を厚くすべきなんですか?」

愛子:「病気による入院日数の平均は2ヶ月程度と言われているわ。最低でも60日保障はつけたいところね」

彩子:「へ~。2ヶ月くらいなんですね。意外と短めな気がします」

由美:「平均は2ヶ月かもしれないですけど、脳梗塞だと3ヶ月入院することもあるって聞きましたよ!もう少し長めにしておいたほうがいいんじゃ…」

愛子:「入院保障の日数は結構種類があって、360日とか保障してくれるものもあるのよ。料金も考えながら、なるべく保障を厚めにしておくと安心ね」

死亡保障は最低限でOK!

彩子:「入院保障は厚めっと…(メモ)。じゃあ、よく聞く死亡保障も手厚くしておくべきですか?」

愛子:「死亡保障は自分が死んでしまったときに残された家族を守るっていう役割が主なの。扶養している家族がいなければ…あまり必要ないわね」

彩子:「あれ、保障がいらないから楽なはずなのに。なんでちょっと切ないんだろう…」

由美:「でっ…でもあれですよね!扶養する家族がいなくても葬儀代はかかりますし、その分は用意しておきたいですよね」

愛子:「そうね。葬儀代の平均は230万円と言われているから、200~300万円の保障をつけておけば問題ないわ」

結論:おすすめは終身型の医療保険

彩子:「結局、就職したら入院保障が厚めで死亡保障は最低限で済む保険を選べば良いということですね」

愛子:「ええ。就職したては収入もまだあまりないし、高額な保険料は不要!入院保障と死亡保障の2点に注目したいところね」

由美:「あとは、がん保障ですかね。とくに乳がんは女性の11人に1人が発症していると言われる発症率の高い病気ですし、手厚くしておくと安心だと思います」

愛子:「乳がんは30~40代の死亡原因のトップになっているものね」

彩子:「ちなみに、年齢があがるごとに保険料が高くなる『定期型』と定額の保険料を一生涯払う『終身型』どちらがいいんでしょう?」

愛子:「私は『終身が型』をおすすめするわね!」

由美:「え!若いうちは定期型のほうが料金が安いですよね。それなのに終身型なんですか?」

愛子:「一生涯払ったときのトータル料金で考えると終身型のほうがお得なのよ。途中解約したときも解約返戻金といって、使われなかったお金が戻ってくることが多いから、将来どうなるかわからない新米社会人にはピッタリでしょ」

彩子:「なるほど~!就職したら加入したい保険は『がん保障も手厚い終身型の医療保険』ってことですね。これで親戚の子にしっかり説明できます!お2人ともありがとうございました」

就職したら入りたい人気の終身型医療保険の保障や特長

活動範囲が広くなったり、土地勘のない場所に引っ越して新生活を始めたりすることの多い就職時は事故や病気が増えやすいタイミング。保険について真剣に考えましょう。

女性におすすめの終身型医療保険なら医療保険 新CURE Lady(オリックス生命)

女性におすすめの終身型医療保険は、オリックス生命の「医療保険 新CURE Lady」です。費用が安く、女性特有の病気から先進医療への保障まで充実しているのが人気の理由。

ここでは、順番に終身型医療保険の魅力や保障内容、料金について抑えていきます。

終身型医療保険とは

終身型医療保険とは、保険料を支払いつづける限り一生保障を受けられる保険のことです。長期的に見ると、年齢によって急激に保険料が上がっていく定期型医療保険より支払う保険料の総額が安くなる傾向があります。

オリックス生命が提供する「医療保険 新CURE Lady」の場合、男女共用の終身型医療保険よりも女性向けに保障内容がカスタマイズされているのもおすすめとしてピックアップした理由です。乳がん、子宮筋腫、子宮内膜症などをはじめとした女性特有の病気はもちろん、三大疾病、七大生活習慣病などへの保障も受けられます。

標準で入院、手術、先進医療保障がついているほか、必要なら特約でがんや急性心筋梗塞等に対する保障を上乗せすることも可能。就職したばかりでお財布に余裕がないときは、気軽に入れて基本的な保障が充実している終身型医療保険を選ぶのがおすすめです。

保険にはいつ入るべき?

病気や怪我をしてから保険に入っても、保障を受けることはできません。保険とは万が一の備えなので、思い立ったときに入り、精神的・経済的な不安を解消しましょう。また、若いときのほうが保険料も安いです。むやみにいくつも保険に入る必要はありませんが、就職したら最低でもひとつは加入しておくのが大人のリスクマネジメント。

医療保険 新CURE Ladyの保障内容と料金をシミュレーション

「医療保険 新CURE Lady」の保障内容と料金を見ていきましょう。日額10,000円コースと5,000円コースがあるので、今回は10,000円コースを中心に説明していきます。

入院への保障

女性特有の病気やがんで入院した場合の保障は、疾病入院給付金と女性入院給付金を合わせて15,000円です。その他の病気やけがによる入院だと、疾病入院給付金に災害入院給付金がついて1日あたり10,000円をもらえます。どちらも1回の入院に対して最大60日、通算で1,000日まで保障。日帰り入院も給付の対象です。

がん・心疾患・脳血管疾患・糖尿病・高血圧性疾患・肝硬変・慢性腎不全の七大生活習慣病による入院の場合、給付金の支払期間が最大120日まで延長してもらえます。

手術への保障

約款に載っている約1,000種類の手術は、日帰りでも入院でも手術給付金の支払い対象です。入院の場合1回あたり20万円、外来なら1回50,000円の給付金がもらえます。ちなみに、帝王切開も給付金の支払い対象です。

先進医療への保障

保険の適用ができないため全額自己負担となってしまう先進医療の技術料も、通算2,000万円までは保障してもらえます。陽子線治療で約276万円かかることを考えると、保障の有無は大きな違いです。

料金シミュレーション

加入が20代前半までなら、保険料は日額10,000円コースでも毎月3,000円以下。保険料が月額4,000円を越えるのが40代前後です。日額5,000円コースなら20代だと毎月2,000円以下で保険に入れます。とてもコストパフォーマンスが良いのでおすすめです。

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング