結婚したら(同居したら)見直す保険

幸せな結婚生活を長く続けるためには、保険としっかり向き合う必要があります。特に、女性の側から積極的に夫婦が加入している保険を見直していくことで、お互いの人生に責任を持ち、支え合って生きていくことができるのです。

結婚後の保険見直しは女性にとって一大イベント

結婚して夫婦になった2人は力を合わせて家庭を守っていかなければいけません。お互いの人生に責任を持つには、相手の加入している保険をしっかり理解しておくことが重要。相手の保険内容を知らないと、受けとれるはずの保険金や給付金をもらい損ねたり、不必要な保証のために保険料をいつまでも支払い続けたり、といったことが起こってしまいます。

また、女性の場合は妊娠すると加入できる医療保険が少なくなってしまうので、今のうちに保険と向き合っておかないと大変な思いをするかも。ライフスタイルが大きく変化する「結婚」。この人生の一大イベントを機に保険を見直すことを、「オンナの保険マガジン」編集部は強くおすすめします!

共働きか専業主婦かで変わる保険の選択肢

彩子:「愛子さん!結婚して女性が家庭に入ると厚生年金の保険料を払わなくてもいいって本当ですか!?」

愛子:「ええ、旦那さんが厚生年金に加入していれば、の話だけどね。その場合、専業主婦の奥さんは国民年金の保険料だけ払っていればよくなるのよ」

彩子:「ズルくないですかぁ、そのルール、独身者に厳しすぎますよぉ…」

由美:「由美さん、専業主婦は払う保険料が減る分、将来受けとれる年金も減っちゃうんですよ。だから公平なんです」

彩子:「え、もしかしたら離婚することだってあるのに、それで大丈夫なんですか?」

愛子:「大丈夫じゃないわよ。だから女性は結婚した時に保険について、男性よりも真剣に考えなきゃいけないの」

由美:「共働きか専業主婦かによっても保険の考え方って変わるから、注意しなきゃいけないんですよね」

愛子:「例えば死亡保障なんかだと、共働きの夫婦だと旦那さんだけじゃなくて奥さんの保証も手厚くしておく必要があるの。旦那さんが亡くなっても奥さんが亡くなっても、収入が1人分減るのは同じことなんだから当然ね」

由美:「残された家族が必要とする金額から、公的な保証でもらえる金額を引いた『必要保証額』を、旦那さんの分も奥さんの分もきちんと計算しておかないといけないんでしたね」

愛子:「そう。公的な保証っていうのは、この場合『遺族年金』のことね」

彩子:「専業主婦の死亡保障はどうなんですか?」

愛子:「共働きの奥さんほど厚くしなくても大丈夫。専業主婦の場合は、保証よりも貯蓄性を重視した個人年金をチェックした方がいいわね」

彩子:「へ~、共働きか専業主婦かでそんなに色々違うんですね」

医療保障はどれくらいがいい?

由美:「愛子さん、医療保障の選び方は夫婦共働きか専業主婦かで違いがあるんですか?」

愛子:「共働きなら高額の保険料は不要ね。夫婦のどちらかが倒れても、もう1人の収入を医療費にまわせるから」

彩子:「お互いに助け合いながら快復を目指すんですね~」

愛子:「専業主婦なら旦那さんの入院保険は日額10,000円くらいのものに加入しておけば、入院時の費用をカバーできるわ。あとは、これをベースにして年齢に合わせた備えを追加していくとさらに安心ね」

由美:「年齢に合わせた備え、ですか?」

愛子:「30歳以上になったら生活習慣病やガンに備えた保証を追加する、という感じね。医療保障で注意しなきゃいけないのは、妊娠中や出産直後の女性は加入できない保険があるということ。早めに準備しておかないと、あとあと苦労するかも…」

彩子:「うわ~、気を付けなきゃですね!」

女性疾病特約ってつけた方がいい?

彩子:「医療保険で、『女性疾病特約』ってありますよね?」

愛子:「乳がんや子宮がんみたいな女性特有の病気に対応した保障のことよ。胃がんや大腸がんといった、性別に関係なくかかる病気の保障も含まれているものがほとんどなんだけどね」

由美:「女性に多い病気への保障が普通の医療保障に付け加わった感じですか?」

愛子:「そうね。だから女性は女性疾病特約が付加できる医療保険に入るのがオススメね。料金も、通常の保険料に1,000円くらい上乗せするだけで済むし」

由美:「たしか帝王切開の保障もしてくれるんですよね。結婚するなら女性疾病特約の付加できる保険もチェックした方が良さそう」

女性は出産への備えも考えて見直しを

愛子:「結婚したら、出産についても考えておかなきゃいけないわよね」

彩子:「出産って色々お金かかりそうなイメージがあります」

由美:「妊娠してから出産するまでの健診費に通院費。帝王切開や吸引分娩の場合はその費用に加えて入院費も必要で、マタニティグッズとか赤ちゃん用品の準備にも費用がかかるし…」

彩子:「うわ~、考えなきゃいけないことがいっぱいあるんですね」

愛子:「でも帝王切開の手術には公的保険が適用されるし、高額医療費払い戻しの対象にもなっているから、それほど手厚く保険をかける必要はないわね」

由美:「高齢出産の方だと妊娠時のリスクも心配ですけど、若い人たちはそこまで不安にならなくてもいいと思います。保険料は抑えめにして、出産後の養育費にまわしたほうがいいですよね」

愛子:「ええ。若い夫婦なら、保険料の安い1年更新タイプのものに加入して、リスクに備えておけば充分よ」

由美:「男性は保険に無頓着なことが多いから、奥さんの方から積極的に提案していった方がいいかも」

愛子:「まずは女性から動かなきゃね!夫という生き物は、こういうときにまったく頼りにならないのよ」

彩子:「実感こもってますねぇ…」

がんになる前に入りたい人気の女性がん保険を紹介

現代の女性にとって、がんは身近な問題と言えます。政府の統計である「平成29年我が国の人口動態」や「国立がん研究センターの調査」によると、がんは1981年から2015年までずっと死亡原因の第1位をキープし、がんにかかってしまう女性の数は1985年以降年々増加しているのです。

とくに、乳がんは上皮内がん含めると2011年から年間8万人以上の人が罹患しています。世代を問わず、多くの女性ががんにかかるリスクを抱えています。

一方で、同調査によると高齢化の影響を除いた純粋ながんの死亡率は年々下がってきていると言います。適切な治療を受ければ生存率を上げることもできます。ただ、がんの治療は長期間に渡って必要になるものですし、お金もかなり必要です。だからこそ、女性向けに手厚い保障が用意されている女性がん保険の必要性が高まっています。

女性におすすめのがん保険は「アフラック」

おすすめの女性がん保険は、アフラック。アフラックは、日本で初めてがん保険をつくったがん保険のパイオニアです。

アフラックが用意している「新 生きるためのがん保険レディースDays」は総合的に見て保障が手厚いと言えます。

アフラックのがん保険にはいつ入るべき?

がんは、年齢が上がるにつれて罹患率が高くなるため、がん保険の保険料も若い時は安く年齢を重ねると高くなっていきます。

がん保険による保障は、がんになってから保険に入っても利用できません。一度がんになった人は再発リスクがあることから、がん保険への加入を断られてしまうケースも多いです。20代、30代でもがんになるリスクがあることを考えると、できるだけ早い段階で女性がん保険に入っておくことをおすすめします。

アフラックの「新 生きるためのがん保険レディースDays ALプラン」の保障内容と料金を紹介

  • がんと診断されたときの保障は100万円
  • 初めてがんだと診断された場合、一時金として100万円がもらえます。

  • 入院への保障は1日につき10,000円
  • がんが原因で入院した場合の保障は、1日につき10,000円をもらうことができる入院給付金です。日数制限はなく、入院生活が続く限り保障を受けることができます。入院1日目からもらえるのもポイント。

  • 通院への保障は1日につき10,000円
  • がんの三大治療(手術・放射線・抗がん剤)を受けるため、もしくはがんの治療で病院から退院したあとの365日間は、通院1日につき10,000円の通院給付金をもらえます。三大治療を受けるための通院なら、日数は無制限です。

  • 手術への保障は1回につき20万円
  • 手術治療給付金は、手術1回につき20万円となります。支払い回数は無制限です。

  • 放射線治療への保障は1回につき20万円
  • 三大治療のひとつ、放射線治療を受けた場合1回につき20万円の抗がん剤治療給付金をもらえます。ただし、もらえるのは60日に1度です。回数も無制限でもらえます。

  • 抗がん剤治療への保障は通算600万円まで
  • 抗がん剤への保障は、入院していなくても治療があった月ごとに受け取ることのできる抗がん剤治療給付金の10万円。乳がんのホルモン治療の場合は月あたり5万円で、通算600万円まで受け取ることができます。

  • 女性特定ケア給付金は1回につき20万円
  • がんを治療するために乳房観血切除術、子宮全摘出術、卵巣全摘出術を受けたときに支払われるのが手術1回につき20万円の女性特定ケア給付金です。

  • 乳房再建給付金は1回につき50万円
  • 乳房観血切除術を受け、乳房再建術を受けた場合、1回につき50万円の給付金をもらえます。

  • 先進医療への保障は最大2,000万円まで
  • がん先進医療給付金をもらえる特約です。1回につき自己負担額の100%、最大2,000万円まで先進医療の費用を保障してもらえます。

  • 20代から40代の料金シミュレーション
  • アフラックが提供する女性がん保険の料金は、20代なら月額2,264円、30代で3,246円、40代で4,904円です。

>>おすすめの無料保険相談窓口の口コミや評判をチェック!

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング