妊娠したら

病気や怪我に備えて、保険に加入している人は多いでしょう。しかし、若い時に加入したままの人はいませんか? 環境が変わりやすい女性だからこそ、その都度に適した保険へと見直す必要があります。今回は「妊娠した」時に、どのような保険に加入しておくべきかを考えていきましょう。

 

学資保険を見直しましょう

子供を妊娠した時、まず考えなければいけないのが「子供の教育資金」です。多くの家庭が、子供の大学入学資金のために学資保険に加入するかと思います。しかし、これは各保険会社によってメリットがさまざまなので、適当に選ぶのではなく、きちんと考えて見直さなければいけません。

 

学資保険のメリットは?

学資保険とは言っても、なかなかメリットがピンと来ない人も多いのではないでしょうか。途中解約をしない限りは、小学校入学、卒業などの節目に祝い金を受け取ることが出来る、満期時に満期保険を教育費として充てることが出来るなど、さまざまなタイプがあります。例を挙げれば、満期までに100万円支払った場合、返ってくるお金が108万円になるなど、若干多く還元されます。中には思ったような還元率じゃないと考える人もいるかもしれません。しかし、銀行に預けるよりも利率が高い場合が多いですし、さまざまな保障もあるので、ただ貯金をするよりはメリットが多いのではないでしょうか。

 

学資保険は早めに検討するべき?

学資保険は妊娠した時にしか加入出来ないものではありません。しかし、保険加入時に重要視したいのは、子供の年齢ではなく「親の年齢」です。当然ながら加入者である親の年齢が高くなると、保険料も若干割高になります。それに、出来れば妊娠時に加入しておいた方がいい理由として、子供の年齢があがれば満期までの期間が短くなります。加入時期が遅いからと言って、満期までの期間が延びるわけではありません。つまり、1ヶ月に支払う保険料が高くなるので、経済的に厳しくなる可能性もあるのです。

 

契約者が亡くなった場合は?

保険に加入する場合、契約者が亡くなった場合のことも考えなければいけません。子供を残して亡くなることは考えたくありませんが、子供の将来のためにはきちんと考えておく必要があります。契約者が亡くなった場合、それ以降の保険料が免除される場合があります。保険料は免除、しかし満期時の保険金は受け取ることも出来ますし、他の保障なども継続されます。ただ、これは保険会社によっては「契約者が亡くなった場合は解約」としていることもあるので、保険見直しの時に、きちんとどうなるかを確かめておきましょう。

 

医療保障や死亡保障を見直しましょう

妊娠をしたら、まず医療保障や死亡保障を見直すことをオススメします。それは、親の保険もそうですが、子供が加入する医療保険なども考えなければいけません。近年は子供をターゲットにした保険商品も多く出ているので、各保険会社に相談してみるといいかもしれません。

 

子供の保険ってどんなものがあるの?

子供の医療保険は、さまざまなものがあります。一般的には終身医療保険に子供が加入するスタイルです。終身保険などには年齢制限があり、昔は子供が加入することは出来ませんでした。しかし、現在は積極的に子供の加入が出来るよう、保障スタイルも子供向けに変更している保険会社もあります。例えば、病気や怪我をした時だけではなく、子供が誰かに怪我をさせた時などの賠償金も補償してくれるものもあります。子供は好奇心旺盛で、誰かのものを壊すこともあるでしょう。そういった時に弁償するにもお金です。弁償金目的ではなくても、医療や怪我に特化したものもあるので、大事な子供のためにも保険の見直しをしましょう。

 

ハイブリッド保険って何?

子供が加入出来る保険の中に「ハイブリッド保険」と呼ばれるものもあります。これは医療保険だけ、学資保険だけではなく、両方の特徴を持つ保険を指します。ただ、このハイブリッド保険には各保険会社の特徴が多く現れるものとも言えます。ハイブリッド保険のほとんどが、医療と学資、どちらかを優先にしたものがほとんどです。例えば、医療保険を7、学資保険を3と大抵がどちらかを重視した内容になっています。2つに加入するのはちょっと経済的に難しいという人に向いている保険かもしれません。両方の特徴を持つので、両方が100%の内容になっているものは、ほとんどないのかもしれません。

 

子供保険の保障内容とは?

子供保険の保障内容と言っても、さまざまなタイプがあります。親が亡くなった時に、一定の年齢まで毎月決められた金額が支給される、賠償責任保障、子供が死亡、もしくは重度の障害を持った時に保険金が支払われるなどさまざまです。ただ、死亡や障害の時に支払われる金額は、大人ほどの大金ではありません。賠償責任保障についても、加入している保険内容によって保障額が変わってきます。

 

女性向けの保険を見直しましょう

女性用の保険商品を取り扱う保険会社が多くあります。その大半が乳がんなどの「女性特有の病気」に重きを置いたものです。女性特有の病気は早期発見が難しく、気づいた時には……という可能性もあります。しかも、治療費が半端なく高くなってしまうので、家計にも大きなダメージを与えてしまいます。

 

女性特有の病気は決して他人事ではありません

女性の社会進出に伴って、女性用の保険の選び方も大切です。ほとんどの保険会社が女性特有の病気に関する保険を取り扱っていますので、ネット上の口コミや保険会社に保険相談などをすることも大切です。発病してから加入出来る保険もありますが、それは稀です。発病してからでは、まず女性特有の病気に関する保険に入れないと考えていた方がいいでしょう。だからこそ、普段から病気に対して危機感を持つことが大切です。

 

乳がんは30代から増え始めます

乳がんは、30代前半から少しずつ増えていく傾向があります。40代になると更に増えるようです。30代前半であれば、子供がまだ幼くて手がかかる時期です。40代では高校生や大学生の子供を持つ人も少なくはないでしょう。そういった時期に病気が発見されると、どうしても家計にダメージを与えます。命に勝るものはありませんが、実際に家計へのダメージを実感すると、気を落とす人もいます。乳がんと診断された時、しっかりと病気に立ち向かえるよう治療費は確保しておかなくてはいけません。保険に加入することで、全額負担してもらえるわけではありませんが、家計へのダメージを最低限に抑えることは出来ます。

 

乳がんと診断された場合、どれだけ費用がかかるの?

乳がんと診断された場合、手術費はもちろん、検査費や療養費用、入院費、再発防止の投薬費、放射線治療、ホルモン治療など、実際に飛んでいく費用を考えると、とんでもない金額が出てきてしまいます。何の準備もしておらず、これを一気に支払える人はほとんどいないでしょう。病気にならないように、普段の生活を心がけることも大切ですが、病気になった時のことを考えて、治療費を準備する意味で保険に加入することも大切です。

 

収入保険に加入してみてはどうでしょう?

終身保険を考える人も多いでしょう。しかし、終身保険は保障が一生涯というメリットが大きいため、保険料が高いものがほとんどです。なので、家計に余裕がない場合は、なかなか加入出来ないデメリットがあります。そういう人たちにオススメなのが「収入保障保険」です。

 

保障を減らす見直しが必要ない?

収入保障保険は、終身保険と違い、最初から保険料が高くないメリットがあります。そのため、子供が大きくなるにつれて保障を見直す手間がかからず、合理的と言えます。しかも、保障時は一括で支払われず、毎月振り込まれるので、名前通り「収入保障」をしてくれるのです。ただ、掛け捨ての保険になるので貯蓄には繋がりません。家計に余裕がない時、万が一のための保障として考えておいた方がいいでしょう。

 

終身保険に加入している家計も余裕があるならぜひ!

近年、不景気もあって突然リストラ勧告をされる人もいます。一家の大黒柱がリストラをされてしまうと、一気に収入がなくなってしまうので、生活が出来なくなってしまいます。特にリストラ対象になる世代の人は、学生の子供を抱えている人がほとんどです。生活費用だけではなく、子供の教育費用もままならなくなります。そういう時の保険として、収入保障保険に加入しておくことをオススメします。

 

収入保障保険をお守り代わりに

先述のように、収入保障保険はメインとして扱うものではなく、あくまでもサブとして使うことをオススメします。その理由としては掛け捨て保険だからです。家計に余裕がない時に加入して、余裕が出来た時には終身保険に切り替えていくことをオススメします。

 

妊娠したからこそ、加入している保険をきちんと見直さなくてはいけません。子供が出来たからこそ、自分のことをきちんと考えなす必要があるのです。自分を大切にすること、それが子供の将来のためにもなるのだと考えて、保険相談員などに、保険の見直しをお願いしてみてはいかがでしょうか。

>>おすすめの無料保険相談窓口の口コミや評判をチェック!

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング