独身に不安を感じたら

今のところ結婚する予定のないシングル女性にふさわしい保険を20~40代に分けて紹介。見直すためのポイントも「オトナの保険マガジン編集部」が分かりやすく話し合います。

独身女性は保険を見直したほういい

「まわりの友人はどんどん結婚していくのに、私はまだ独り身…」「いつかは結婚したいけど出会いがない…」といった悩みをもつシングル女性は少なくありません。もしかしてこのままずっとシングルかも?と不安を感じている方もいるのではないでしょうか。そんな時こそしっかり保険を見直しましょう!独身の今だからこそ入っておきたい保険や見直すべきポイントを、20~40代の年代別に分けて「オンナの保険マガジン」編集部女性3人が話し合います!

シングル女性は年齢によって見直すポイントが変わる

彩子:「シングル女性が入っておくべき保険って年齢ごとに変わるんですね。私は何に入れば良いのでしょうか?」

愛子:「もちろん、ライフスタイルが違うのだから年齢ごとに変わるわ。たとえば彩子さんのような20代女性であれば、扶養相手がいないから高額な死亡保障に入る必要はありませんよね?家庭がない分、病気やケガなどの医療保険に加入しておけば、健康面での不安を軽減することができるのよ」

由美:「医療保険なら、既婚・独身・年齢に関係なく必要だから早めに入っても損はないですね!」

愛子:「その通り。30代にもなると20代のように無理できなくなったり健康診断にひっかかったりするので医療保険への加入を強くおすすめするわ。さらに30~40代の独身女性であれば、将来より豊かに過ごすためにも貯蓄しながら保障を受けられる終身型保険に入ると良いでしょう。掛け捨ての定期型保険よりも保険料は高くなりますが、結婚時に貯まったお金を使えるほか、一生独身でいる場合にも老後の生活資金に回せるので安心できます」

死亡保険は思い切ったスリム化を図ろう

彩子:「扶養家族がいない場合、一番見直すべき保障内容は死亡保障なんですね」

愛子:「その通り。特定の誰かにお金を残す必要がないのであれば、最低限必要な資金は死後の整理資金・葬儀代や私物の処分費用くらいでしょう。200~300万円を用意しておけば十分足りるはずです」

由美:「20代の若いころに加入して放置していたり、親から引き継いだままにしている人は、高額な死亡保障金額になっていないか確認する必要がありそうですね」

彩子:「すぐに見直します…!」

愛子:「死亡保障を見直して死亡保険がスリム化できたら、将来に備えて医療保険に入るだけでなく、何かあったときに収入を保障してくれる“所得補償保険”や公的年金を補てんしてくれる“個人年金保険”なども視野に入れておくといいわよ」

独身をずっと楽しむ老後のための保険見直し

彩子:「もうこうなったら独身を楽しむための保険選びをしたいと思います」

由美:「あ、諦めないで下さい…」

愛子:「いえ、割り切って考えるのは大切なことよ。保険とは将来に万が一のことがあったときのために備えるためのもの。余裕がある今のうちにばっちり備えてセカンドライフを楽しみましょう」

彩子:「あ、愛子さん…!わかりました!今必要な保障とそうでない保障をしっかり切り分けて保険を見直します!理想としては、女性特有の病気に強い保険商品に入っておきたいです」

愛子:「生きていく上で健康への対策をとるのはとても大事なことよ。30代からは健康面でも不安が大きくなるし、40代になれば思いがけず大病に見舞われるなんてこともあるかもしれないものね」

由美:「女性特有の病気に特化した保険に入るだけでなく、幅広い病気に対応した医療保険に特約をつけて手厚くする方法なんかもありますよ」

彩子:「保険を定期的に見直して最大限に活用しながら、自分の健康以外にも親の介護や老後の生活費に対してばっちり備えていきたいと思います!」

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング