HOME » 眼からウロコ!FP保険相談の選び方ガイド » 店舗と訪問、どちらがいい?

店舗と訪問、どちらがいい?

保険の見直しなど、FPと相談するには「FPの店舗に出向く」「電話で相談する」「FPに来訪してもらう」、などの方法があります。

もっとも最適な保険を見つけるには、どの方法がよいのか、少しみていきましょう。

保険の加入・見直しには便利な訪問相談を利用しよう

保険の相談というと、こちらから「FPのいる店舗や事務所に出向かななければならない」と思いがちな方も少なくないようです。

もちろん、近くに店舗や事務所があればそれにこしたことはありません。

しかし、近辺にそうした店舗・事務所がなかったり、逆にそうした所に出入りしているところをあまり人に見られたくないケースなどもあります。また、「萎縮してしまい、向こうのペースで話を進められそう」と一抹の不安を覚える方もいらっしゃるようです。

だからといって、電話やメールなどだけではどうしても限度が――。

そんなとき頼りなるのが、訪問してくれる来訪タイプのFP

来訪タイプのFP相談なら場所や場所を指定できるので、自分の都合にあわせて相談できます。

自宅や勤務先のほか、カフェやレストランなどを指定することもできるので、「気兼ねなく相談できる」と好評。自宅であれば、家族そろって話を聞くこともできるので、ご主人が日中なかなか時間のとれないご家庭などにはとくにおすすめ。

もちろん、後日あらてめて場所を変えての相談もできるので、じっくりと見直しや加入などの相談を進められます。

ただし、そこは人生設計にもかかわる保険の相談。

いくら「自宅で気兼ねなく話したい」とはいっても、60分以上は時間をみておく必要があり、「自宅に来てほしいけど玄関先ですませたい」というわけにはいきません。

特別なもてなしは何も必要ありませんが、腰を落ち着けて話し合いができる用意だけではいておきましょう。

また、カフェ・喫茶店などを指定する場合も、「BGMの音量は大きくないか」「話し声の大きな客がいないか」など、あらかじめ店内の雰囲気をリサーチしておくことがポイントです。

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング