FPの実績と経験値

ここでは、FP保険相談に行く際に、なぜFPの経験や実績を確認すべきなのかを解説しています。

実績と経験のあるFPには柔軟な対応が可能

FP保険相談は、保険への加入および見直しをする場合に対して非常に重要であり、FP保険相談をする際には、FPの実績や経験値は大切であることはいうまでもありません。

そもそもFPとはファイナンシャルプランナーのことであり、具体的には相談者の人生に対して総合的な資金計画のアドバイスをする専門家ということになります。

相談者のライフプランをアドバイスするためには、家計にかかわる幅広い様々な知識が必要となり、税金や金融、不動産や教育資金、年金制度など多岐にわたる分野について博識でなければなりません。

また、FP保険相談におけるファイナンシャルプランナーのクオリティは、相談者のライフプランを左右する重要な項目であり、その見極め方法としてはファイナンシャルプランナーの相談実績が大きいとされています。

相談実績がしっかりとしていれば、キャッシュフロー表も短時間で正確に作成することができますので、相談者は判断を誤ることが少ないと考えられます。

このキャッシュフロー表作成はファイナンシャルプランナーにとりまして最も重要な作業であり、正確に作成して相談者の夢や目標などを入力しながら経費面に関しても入力していき、収入や支出の予想もプランナーの経験値を基に入力していくことで、数年後の状況をイメージしやすくすることができます。

この作業は幅広い総合的な知識が必要であることと、相談実績の積み重ねによる経験値がより実情にマッチした数値を導き出すことに繋がるとされていますので、相談者は保険会社や担当するファイナンシャルプランナーの実績および経験値を重要視して、FP保険相談をすることが推奨されます。

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング