無料で保険相談!口コミ評判で選ぶ保険ショップまとめ » 年代別・女性の保険見直しのポイントをわかりやすく解説

年代別・女性の保険見直しのポイントをわかりやすく解説

ライフイベントは保険見直しのタイミング

保険見直しのタイミングは、就職や結婚、出産などのライフイベントごとに行うのがよいと言われます。

その理由は、商品によって保障内容が異なるから。例えば、就職したばかりの若い方にとって手厚い死亡保障や先進医療保険は不要でしょうし、逆に働き盛りの40~50代の方にはこうした保険が重宝されるでしょう。子どもが生まれたら学資保険も検討したいところです。

すなわち、それぞれのライフステージに適した商品を選んでいくことが、「手厚い保障をリーズナブルな保険料で受けられる」コツなのです。

このコンテンツでは、ライフイベントを年代別で分けて、保険見直しのタイミングや検討すべきポイントについてまとめました。

20~30代の保険見直しのタイミングは?

就職、結婚、出産など人生のイベントが盛りだくさんの年代。保険見直しも、その都度行ったほうが良いでしょう。保険に興味はないという独身の方でも、「自分が困らないために」加入しておいたほうが保険商品もあります。こちらでぜひチェックしてみましょう。

40~50代の保険見直しのタイミングは?

働き盛りの40~50代は、子どもの成長が保険見直しのタイミングに大きくかかわってきます。特に高校・大学に進学する際は、教育費の捻出に苦労されている方も多いことでしょう。そんなときに、保険を見直して費用を確保するのも一手です。

60代~退職後の保険見直しのタイミングは?

定年後は、セカンドライフを悠々自適に過ごしたいもの。そのためには、公的年金だけで安心とはいえない時代です。また、がんなど先進医療を必要とする病気にもなりがちな年代でもあります。これまで加入していた保険を見直して、セカンドライフを楽しむコツを紹介します。

来店型と訪問型、保険相談をするならどっち?

保険相談の業態には、来店型(保険ショップの窓口に行くタイプ)と、訪問型(販売員が来てくれるタイプ)の2つのタイプに分かれます。どちらのサービスを使うかで悩んでいる方へ、それぞれの特徴とメリット・デメリットを紹介します。

50代女性が保険を見直しておきたい理由

50代女性が保険を見直しておきたいのは50代女性の疾患へかかる確率と関係があります。

平成26年に厚生労働省が発表したデータによると、平成26年に入院した女性の人数は人口10万人当たり1,119人でした。また、外来を受診した女性の人数は同じく人口10万人当たり11,082人でした。

病気になりやすいのは60歳を超えてからですが、やはり若いころよりも病院にかからざるを得ない病気になる可能性は高まっており、50歳代でも何かしらの病気になる可能性は高くなっていると考えられます。

次に見ていきたいのがどのような病気で入院せざるを得なくなっているのかです。

同じく厚生労働省が発表したデータによると50代女性が入院する理由は統合失調症など精神疾患が最も多くなっているものの、その次を見てみると悪性新生物、いわゆるがんが最も多く、続いて脳血管障害、骨折となっています。

また、その割合は40代と比較しても50代が一気に増加しており、50代になると入院せざるを得ない病気になる人が多くなるということが分かります。

このことから、50代女性は40代女性よりも病気になりやすく、保険に対しても今までのものではなく見直しておく必要性が出てくるのです。

特にがんや脳血管障害は後遺症を残す可能性があったり、治療が長引く可能性があります。

そのため、より保険内容を充実させるあるいは自分に合ったものにしておかなければ保険に入っていても十分な対策をとることが難しくなってしまうのです。

参考:厚生労働省 平成26年患者調査の概況

50代女性の保険加入率と保険料の相場とは

次に、50代女性の保険加入率と、保険料の相場について見ていきます。

生命保険文化センターの平成25年の調査によると50歳代女性の生命保険の加入率は88.1%とどの年代と比較しても最も多くなっていることが特徴です。生命保険の平均加入金額は960万円ほどとなっています。

同じ世代の男性の生命保険の平均加入金額は2,224万円となっています。このことから、生命保険に加入している女性は多いものの、額は安く抑えられていることが多いことが特徴です。

また、入院する病気として最も多かったがんのための備えとなるがン保険について見ると、平成25年のがん保険加入率は男性で40.2%、女性で35.0%となっています。また、年代別で見てみると50歳代の加入率は41.8%となっています。

この結果から50代女性は保険についてしっかりと考えている女性が多いものの、男性と同じくらい病気にかかる可能性はあるのに保険料は安く抑えられていることが分かります。

また、生命保険についてはしっかりと考えている一方で、がん保険への加入率は低いことが特徴です。

特にがん治療は先進医療などさまざまな医療があり、健康保険では適用外の治療もたくさんあります。

50代女性が本当に現在自分にとって必要とされる保険に加入できているか、万が一疾患に罹患した時に最良の治療を受けられる体制が整えられているかどうかを今一度見直すことが必要であるということが分かります。

参考:
公益財団法人生命保険文化センター
公益財団法人生命保険文化センター 平 成 25 年 度生活保障に関する調査《速報版》

50代女性はライフステージが変わる時期でもある

50代女性の最大の特徴はライフステージが大きく変化するということです。

子どもが就職、結婚して独立していくのもこの時期です。そのため、自分の時間ができる一方で、親の介護などによって思い通りに自分の時間が取れなくなってしまう時期でもあります。

しかし、現在の50歳代は10年前の50歳だとは異なり、ファッションや美容への意識が高くエネルギーにあふれ、仕事や趣味など自分の世界を広げている人が多いことが特徴です。

また、総務省の調査結果を見ても、45~54歳は73.9%、55~59歳では66.3%の女性が就業しており10人に7人がまだまだ働いているということになります。

ライフステージの変化があっても自分の生活を充実させ、家計を助けるためあるいは老後のためにばりばりと働いている女性が多い50代。

しかし、病気になる可能性は今までの年代よりも高くなることからも保険を見直しておくことは必要であり、保険を見直すことが自分の将来あるいは家族のためにも大切となってくるのです。

参考:
株式会社ビデオリサーチコムハウス
総務省統計局 労働力調査年報

来店型保険ショップのメリットとデメリット

これを踏まえて来店型の保険ショップのメリットとデメリットを考えていきましょう。

メリットは、何といっても知識が豊富な相談員が多いことです。不特定多数のお客さんの相談に乗っているという立場上、やはり知識豊富な方が多くなります。また、自分の都合のいい時間で来店できるのもうれしいものです。

しかし、初対面の人に相談するため、自分の意としていない内容の保険契約を結ばれそうになるということもあります。また、会社の利益になるような商材を提案される可能性も少なくないため注意が必要です。

訪問型保険ショップのメリットとデメリット

訪問型の場合、担当の営業マンがいるため継続して自分の保険を見てもらえます。

そのため、相談に対しても柔軟に対応してもらえたり自分のことを理解してもらえるということがメリットとして大きいでしょう。また、自宅なので周りを気にせず相談できることもメリットです。

逆にデメリットは訪問型を提供している保険屋が少なかったり、訪問できないエリアがあるということです。また、営業マンが自分と合わないという場合は話が進まず時間ばかりが経ってしまうこともあります。

20代女性の保険見直しポイント≫

30代女性の保険見直しポイント≫

40代女性の保険見直しポイント≫

pagetop
便利でおすすめな保険相談ランキング